受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00
  • HOME
  •  > 
  • 「灌仏会(かんぶつえ)」と釈迦の誕生

「灌仏会(かんぶつえ)」と釈迦の誕生

皆さんは、4月8日が何の日なのかわかりますか?今日は、「灌仏会(かんぶつえ)」という釈迦(ゴータマ・シッダッタ)の誕生日でお祝いの日です。多くのお寺では、釈迦の誕生を祝う「釈尊降誕会(花まつり)」という行事がおこなわれます。釈迦は約2500年前にネパールのルンビニー花園で誕生しました。彼は、シャカ族の王子として生まれました。「お釈迦様」「釈尊」とは、「シャカ族の尊い方」という意味の尊称です。今回は「灌仏会(かんぶつえ)」と釈迦の誕生について解説します。

 

シャカの伝説の一つに、生まれてすぐに7歩歩き、右手で天を指し、左手で地を指して「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがとくそん)」と宣言しました。この意味は、「人は誰もが、かけがえのない命を生きている」という意味です。これは、仏教の人間尊重の精神を端的に表す言葉として知られています。4月8日は、釈迦の誕生を祝うと同時に、人それぞれのかけがえのない命の尊さにあらためて眼を向けて正しく生きることを誓う日でもあります。我々は日本人でありながら、イエス・キリストの誕生日で盛り上がるのに、お釈迦様の誕生日では、あまり盛り上がらないのはおかしな話しです。桜を愛でる気持ちと共に、お釈迦様の誕生日を祝い、かけがえのない命の尊さに眼を向けて正しく生きるように誓いましょう。