受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

やる気スイッチの存在とやる気の起こし方

誰でも、忙しくなったり疲れたりすると、やる気がなくなります。やる気がなくなると、仕事や勉強にも多大な影響を与えます。

実は、脳内に「やる気スイッチ」があることが分かりました。スイッチというと「押すボタン」のようなイメージがありますが、本当にやる気スイッチなど存在するのでしょうか。

今回は、やる気スイッチの存在とやる気の起こし方について解説します。

やる気スイッチの発見

2017年2月2日、慶應義塾大学と生理学研究所の共同研究により「脳内にあるやる気スイッチを発見した」という発表がありました。

共同研究グループでは、マウスによる実験で「意欲障害の原因」となる脳内の部位を特定したそうです。

それにより、意欲障害の治療方法につながる成果が見込まれるようです。

この研究成果を発表されたのは、慶應義塾大学医学部精神科学の田中謙二准教授や三村將教授、生理学教室の岡野栄之教授、北海道大学大学院医学研究科の渡辺雅彦教授、防衛医科大学校の太田宏之助教、大学共同利用機関法人自然科学研究機構 生理学研究所の佐野裕美助教ら、そうそうたるメンバーによるグループです。

意欲障害とは

意欲障害とは「やる気がない」「やる気が出ない」という症状です。

一般的に知られる認知症や脳血管障害、脳挫傷、脳の外傷など、脳における病気や障害などがある患者さんには、意欲障害が高い頻度で認められます。

ひとくちに意欲障害といっても、その原因やメカニズムなどは原因不明でした。これまでの研究では、脳が広範囲に障害を受けたときに、意欲障害の症状が生じることのみわかっていただけです。

今回共同グループによる発表では、ある比較実験をおこない、意欲障害が起こる評価を見極めました。

この実験で注目したのは、大脳基底核(だいのうきていかく、basal ganglia)や線条体(せんじょうたい、striatum)、ドーパミン受容体2型陽性中型有棘ニューロン(D2―MSN、medium-sized spiny neuron)の3つの脳領域です。

大脳基底核とは、大脳皮質や視床、脳幹などを総合的に結び付けている神経核集団です。

我々哺乳類の大脳基底核は、「線条体」「外節(淡蒼球)」「内節(淡蒼球)」「視床下核」「黒質」などで形成されています。

大脳基底核は、運動機能の調節や認知機能、さまざまな感情、学習、動機付けなどの機能を担っています。

線条体は、脳の中心部に位置し、終脳の皮質化構造で大脳基底核の構成要素にもなっています。

線条体は「尾状核」「被殻」で形成され、運動機能への関与や意思決定などの機能も担っています。

前述した線条体を構成する神経細胞(ニューロン、neuron)の大部分が投射細胞であるGABA作動性の「中型有棘細胞」です。

少し難しい話しになりますが、有棘細胞(ニューロン)の樹状突起分枝には、「ドーパミン」「スパイン」などの神経伝達物質を受けるための受容体が存在します。

有棘細胞(ニューロン)は、脳の別の場所でドーパミンを産生するシグナルを受け取ると、眼や体幹、四肢の動作開始や動作調節をおこなうなどの重要な働きを担っています。

各研究機関では、有棘細胞(ニューロン)を研究してパーキンソン病などの脳疾患の解明をおこなっています。

さて、共同研究グループは、このうちの「ドーパミン受容体2型陽性中型有棘ニューロン」に対して神経毒を発現させ、細胞死させたマウスと正常なマウスを比較することにより意欲評価をおこないました。

また、この細胞を除去することができる「遺伝子改変マウス」を作り、エサを与える報酬行動実験もおこない正常なマウスとの比較をおこないました。

すると、前述した大脳基底核における線条体腹外側など、ある脳の一定脳領域の限られた神経集団が障害をうけることにより、意欲が障害されることがわかりました。

つまり、この神経集団が健康な状態でいることが「やる気を維持できる」ことになります。

これにより、これまでまったく分からなかった脳損傷などの疾患による意欲障害の治療方法について、薬剤などを探索することが可能になるようです。

この説明では、「やる気スイッチ」というよりも、脳のどの部位が損傷するとやる気が出るか出ないかの説明ということになります。

やる気を起こさせる方法

共同研究グループによる「やる気スイッチ」の説明についてはわかりましたが、普段の生活でやる気を起こさせるには、どのような方法があるのでしょうか。

5月には、ゴールデンウイークがあります。ゴールデンウイーク後は、仕事や勉強にやる気が起こらず「5月病」などという言葉も耳にします。

また、5月だけでなく、何らかのストレスや病気、心配事、環境、生活、友人関係などでトラブルが起きると、一気にやる気がなくなることがあります。

ひどくなると、うつ病や自律神経失調症などの病気になることもあります。そもそも、やる気は、身体のどこから生まれるのでしょうか。

前述したとおり、「やる気」は、脳内の大脳基底核が深く関わっているようです。やる気が出るには、何らかの「報酬」が必要です。

マウスによる実験では、彼らに与えられるエサが報酬になります。これからもわかるとおり、何らかの報酬やご褒美があると、誰でもやる気が起こります。

大脳基底核の線条体などは、快楽や依存などに深く関わっているため「やる気スイッチ」といわれているのです。

つまり、何らかの行動を起こして結果が出て、それにより報酬が得られると線条体が活発に作動するのです。

しかし、何らかの報酬がないと線条体は反応しません。よって、何らかの報酬を用意する必要があります。

さらに、誰かに命令されて物事をおこなうのではなく、自分の意思で「自発的に行動すること」がやる気のモチベーションを上げることになります。

ある特定の脳領域を活性化させる

脳には、さまざまな領域がありますが、中でも「前頭連合野」と呼ばれる脳領域がやる気に深く関係しているといわれています。

営業担当などのビジネスマンは、会話などでビジネスを進めるため、「思考系」とよばれる脳領域を多く使用します。

しかし、この脳領域ばかり使用していると、「やる気が起こる」脳領域である前頭連合野の脳領域が弱体化します。

これを防ぐには、思考系の脳領域を休ませて「感情系」の脳領域を活動させることがポイントになります。

感情系の脳領域を活動させるには、自分が好きな趣味などの行動をおこなうことです。例えば、旅行やドライブ、スポーツ、映画鑑賞、散歩、音楽を聴くなどです。

自分が「心地良い」「楽しい」「嬉しい」と思うことを、日常生活に取り入れることにより、感情系の脳領域を活性化させることが可能になります。これらの行動は、快楽や快感などにつながります。

これにより、前頭前野に存在する「A10ドーパミン経路」が活発になり、「幸福ホルモン」「やる気ホルモン」といわれる「ドーパミン」が多く分泌されます。

ドーパミンは、前頭連合野に働きかけて集中力や思考力を向上させるため、どんどんやる気が起こります。

瞑想法や気功法、心地よい施術なども、前頭連合野の活性化につながるといわれています。

人それぞれに、趣味や嗜好は違いますが、自分の好きな音楽やアイドル、景色、場所などは「やる気がアップ」するのです。

夜は熟睡する

夜は、ゆっくりと睡眠を取ることが重要です。やる気を起こすことはいいのですが、夜に脳を興奮させるような脳領域を活性化すると逆効果になり、疲労してしまいます。

日中は感情系の脳領域を活性化させて、夜はゆっくりと睡眠を取り、脳をリラックスさせましょう。

夜に脳をしっかり休ませると、自律神経の副交感神経が優位になり、深い眠りである「ノンレム睡眠」に入ることができます。

ノンレム睡眠中では、脳が完全に休息した状態になります。ノンレム睡眠中には、日中に受けた自分にとって嫌な情報(不愉快なことや怖かったことなど)の不要情報を消去したり緩和したりします。

また、ノンレム睡眠中には、日中傷ついた身体の修復作業もおこなわれます。

このため、睡眠におけるノンレム睡眠はとても重要であり、ノンレム睡眠に入ることが「やる気スイッチを入れるポイント」になります。

夜、しっかりと熟睡するには、リラックス効果のある音楽やアロマなどの香り、ホットミルクなどが有効です。

しっかり熟睡すれば、次の日の朝は頭がすっきりしていて、やる気スイッチが入ることになります。

このように、本当に「やる気スイッチ」は存在するようですが、大切なことは自ら行動を起こすことです。

もちろん、やる気がなければ行動したくありませんが、この悪循環を断ち切るには何らかの行動を起こす必要があります。

簡単なことからでいいので、自発的に行動を起こしましょう。小さなことでも何かのきっかけにより、あなたのやる気スイッチが入り、楽しく充実した人生を送ることが可能になります。