受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

化粧品の保存料の必要性と毒性

女性は、誰でも綺麗になりたいと思っていると思いますがいかがでしょうか。化粧品会社の宣伝では、綺麗なモデルさんたちが化粧して笑顔で微笑みます。すると、「私たちもあのモデルさんのようになりたい」と化粧品を購入されます。

しかし、購入する前に考えていただきたいのです。実は、化粧品の中には、体に有害な化学成分が多く含まれています。

今回は、化粧品の保存料の必要性と毒性について解説します。

化粧品に防腐剤が添加される必要性

化粧品の中には、さまざまな添加物が入っています。例えば、防腐剤です。もちろん、防腐剤は、化粧品を保存するうえで大切なものです。食品や化粧品などは、そのまま放っておくと、微生物により徐々に腐っていきます。

それを防ぐ薬剤が「防腐剤」です。最近は、「防腐剤無添加」の製品もありますが、いまだに多くの製品に防腐剤が使用されています。

なぜ防腐剤が、化粧品に使用されるかといえば、化粧品は防腐剤のエサになりやすい成分が多く含まれているからです。例えば、化粧品の中には、油脂や水、グリセリン、アミノ酸誘導体、糖類などです。

これらの成分が入った化粧品は、細菌やカビなどの微生物にとって好条件の繁殖場所になります。さらに、化粧品は、常温で保存を可能にする必要があります。こうしたことから、化粧品には多くの防腐剤が使用されることになります。

また、化粧品は、消費期限が長いことも防腐剤が使用される理由の一つです。例えば、日本には、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)」があります。

この法律では、化粧品について「基本的に化粧品は製造又は輸入後、適切な保存条件のもとで3年を超えて性状及び品質が安定なものでなければならず、3年以内に変質する恐れのあるものは「使用期限」を表示しなければならない」と定められています。

つまり、化粧品を未開封で、3年間品質を保てるだけの製品を作る必要があるということです。そのために、防腐剤は、化粧品を作る過程で必要不可欠になってきます。

この条件をクリアして、さらに低コストである防腐剤を使用して化粧品が作られます。

防腐剤が、特に必要な化粧品は主に、乳液やクリーム、ファンデーション、アイメイクなどです。ファンデーションの中でも「リキッドファンデーション」は、特に水分や油分が多く、微生物が繁殖しやすい環境にあります。

「パウダーファンデーション」も、パフを顔などに触れさせるため、皮膚の皮脂やタンパク質がパフに付くことになり不衛生になりがちであり、防腐剤を使用する必要が出てきます。

防腐剤のパラベン

パラベンとは、表示している名称のことであり、正式には「パラオキシ安息香酸エステル」といいます。多くの化粧品や食品、飲料、医薬品などに、パラベンが防腐剤として使用されています。

パラベンは、強い抗菌性を持ち合わせ、多くの微生物に効果があります。パラベンは、比較的毒性が低く、皮膚に対しての刺激も少ないといわれています。

パラベンは、メチルパラベンやエチルパラベン、ベンジルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベンの5種類があります。

皮膚と化粧品の毒性

身体の表面を覆う皮膚は、私たち人間にとって、とても重要な器官です。皮膚も、呼吸をしています。さらに、皮膚は、毒物を含めたさまざまなものを吸収する能力があります。

ということは、もし、皮膚に有害な成分を塗ったとすれば、体内に有毒物質が吸収されることになります。

パラベンは、微生物に対して強い抗菌性をもち繁殖を阻止します。しかし、副作用として、発疹や接触皮膚炎、アレルギー性湿疹などのアレルギー反応を引き起こすことがあります。

実は、乳ガンの腫瘍からパラベンが検出されたという研究報告があります。また、京都府立医科大(吉川敏一教授)の研究では、パラベンを使用して紫外線に当たった場合、皮膚の細胞が老化する作用があることを研究報告されています。

また、その研究報告の方法について意義を唱える人もいます。パラベンは、環境ホルモンの疑いがあるといわれています。

環境ホルモンは、正式には「外因性内分泌攪乱化学物質(がいいんせいないぶんぴつかくらんかがくぶっしつ)」といいます。

このホルモンは化学的に作られ、生物のホルモンバランスを乱し、さまざまな健康被害を及ぼす物質です。なぜなら、パラベンは、環境ホルモンとして認識されている「アルキルフェノール」と似た作用をもっているからです。

このように、添加物の保存料ひとつだけを考えても、さまざまな善し悪しがあります。保存料は、保存するにあたり大切なものです。ただし、身体に害を及ぼさないことが前提です。

綺麗になるための化粧品ですから、なるべく皮膚や身体に害のない、添加物が必要最低限に抑えられた商品を使用することをおすすめします。

 

浜松の整体「あんしん堂」には、浜松市中区、浜松市東区、浜松市西区、浜松市南区、浜松市北区、浜松市浜北区、浜松市天竜区、から来院されます。


他にも、愛知県、名古屋市中村区、名古屋市東区、名古屋市南区、名古屋市西区、名古屋市北区、名古屋市瑞穂区、名古屋市昭和区、名古屋市守山区、名古屋市天白区、名古屋市名東区、名古屋市熱田区、名古屋市港区、名古屋市千種区、名古屋市中川区はもちろん名古屋市外の愛知県豊橋市、瀬戸市、半田市、愛西市、清須市、大府市、東海市、春日井市、小牧市、岩倉市、刈谷市、安城市、岡崎市、知多市、常滑市、豊田市、田原市、一宮市、北名古屋市、

岐阜県、多治見市、土岐市、可児市、関市、各務ヶ原市、岐阜市、恵那市、大垣市、海津市、郡上市、下呂市、高山市、中津川市、羽島市、飛騨市、瑞浪市、瑞穂市、美濃加茂市、美濃市、本巣市、
三重県、伊勢市、松阪市、津市、四日市市、桑名市、いなべ市、鈴鹿市、亀山市、鳥羽市、志摩市、名張市、尾鷲市、熊野市
静岡県、静岡市、富士市、沼津市、熱海市、三島市、伊東市、富士宮市、島田市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、下田市、裾野市、湖西市、伊豆市、御前崎市、菊川市、

長野県、小諸市、佐久市、上田市、東御市、岡谷市、諏訪市、茅野市、伊那市、駒ヶ根市、飯田市、松本市、塩尻市、大町市、長野市、須坂市、千曲市、中野市、飯山市
富山県、富山市、高岡市、滋賀県、大津市、長浜市、高島市、京都府、京都市、神奈川県、横浜市、東京都等からの遠方からもインターネットで探し来られます。

痛みは改善されます。諦めないでください。

「化粧品の保存料の必要性と毒性」、でお悩み、ご相談があれば遠慮なく、メール等にて御相談下さい。連絡お待ちしております。
あんしん堂の「化粧品の保存料の必要性と毒性」のブログです。参考にして下さい。

浜松駅から2番ホームの0番線、3番ホームの9番線発「佐鳴台団地」下車徒歩1分
お問い合わせ・御予約は御電話でお願いします
TEL053-448-3001
営業時間:朝9時~12時/昼3時~夜8時 日曜日・土曜日午後休診