受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

要介護になるリスクが高いロコモティブシンドロームについて

メディアなどで「ロコモ」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。それでは、ロコモとは一体どのような意味があるのでしょうか。

ロコモの正式名称は、「ロコモティブシンドローム(英名:locomotive syndrome、和名:運動器症候群)」で、2007年(平成19年)に日本整形外科学会が提唱したものです。

この取り組みで日本整形外科学会は、「日本人の健康寿命を伸ばす取り組みを促す」ことを、今後の超高齢化社会や日本の未来を見据えて提唱しました。

身体は、関節や骨、筋肉、神経で構成されており、これらを器官のことを「運動器」といいます。

ご存じのとおり、日本は世界でもトップクラスの高齢化社会です。当然、加齢により運動器は衰えるため、「日常生活での自立度」が低下してしまいます。

運動器が衰えて身体に何らかの障害が出ると、要介護になるリスクが高くなります。要介護になるリスクが高い状態のことを「ロコモティブシンドローム」といいます。

今回は、要介護になるリスクが高いロコモティブシンドロームについて、原因や対処法などと合わせて解説します。

運動器と他器官の違いと機能

身体は、それぞれの各器官で役割を分業することにより、身体を正常に動かしています。肺や気管などの器官のことを「呼吸器」といいます。

呼吸器は、酸素を取り入れて二酸化炭素を排出して、生命の維持活動をおこなっています。

心臓や血管などは「循環器」と呼び、呼吸器により体内へ取り入れられた酸素や栄養、老廃物などを身体の隅々まで運ぶ役割を担っています。

胃や腸などは「消化器」と呼ばれ、口から体内に取り入れた食物を消化したり、体内へ吸収したりする機能として活動しています。

身体は運動器だけでなく、呼吸器や循環器、消化器など、すべての器官が連動して身体を動かしています。

前述したとおり、運動器とは筋肉や骨、関節、神経、軟骨、椎間板などのことを指します。これらの器官が連動して、身体を自由に動かすことが可能になります。

それぞれどの器官も重要であり、どれか一つの器官が機能しなくなっても、身体をうまく動かすことができなくなります。

加齢や何らかの原因により運動器の機能が低下すると、ロコモティブシンドロームになるリスクが高まります。

ロコモティブシンドロームの概念

前述したとおり、「ロコモティブシンドローム(英名:locomotive syndrome、和名:運動器症候群)」とは加齢や何らかの原因により、運動器単体か複数の運動器に障害が起こり、立ったり歩いたりするような動作をうまくできない状態のことをいいます。

ロコモティブシンドロームは、略称として「ロコモ」と一般的に呼ばれています。ロコモティブシンドロームは、2007年に日本整形外科学会が提唱した概念です。

ロコモティブシンドロームが提唱されたのは、現在の日本よりもさらに高齢化の波が押し寄せて、日本が今までに経験したことがない「超高齢化社会の未来」を見据えて提唱されました。

現代の日本人の平均寿命は、約80歳といわれています。

世界保健機構(WHO)が統計をおこない、発表されている世界保健統計2016によると、男女合わせた平均寿命は日本が83.7歳でトップです。

世界の男性別による平均寿命では、日本人男性は6位の80.5歳ですが、日本人女性は86.8歳でトップです。

いずれにしても平均寿命の高さは日本は世界でもトップクラスであり、高齢化とともに運動器の障害も増加していきます。

日本では男女ともに50歳以上になると、入院して治療する運動器障害の人が増加傾向にあります。

そのため、自分が高齢になっても介護されることなく、自分自身で自分のことができるようになることが急務です。

これからの社会では、身体の運動器を健康に長持ちさせて、ロコモティブシンドロームを予防することが重要です。

寿命と健康寿命の違い

新聞やテレビなどマスコミによる報道では、毎年のように平均寿命の発表がされています。

厚生労働省による「平成25年簡易生命表」によると、日本人男性の平均寿命は80.21歳で、日本人女性の平均寿命は86.61歳です。

また、健康寿命は男性が71.19歳で、女性は74.21歳です。健康寿命とは、「健康上問題がない状態で日常生活が送れる期間」のことをいいます。

アメリカのワシントン大学の研究チームが、イギリスの医学誌「ランセット」で発表した2013年の健康寿命の研究では日本が1位でした。(世界188カ国の比較)

また、平均寿命と健康寿命を比較すると、男性は約9年、女性は約13年の差があります。

平均寿命の差が男女比で違うため、ひと言で比較することはできませんが、平均寿命と健康寿命の差が縮まるほど健康だといえます。

要介護になる原因はさまざまですが、人々が要介護になる原因の1位は、運動器の障害です。(平成25年厚生労働省国民生活基礎調査)

運動器以外にも、要介護になる原因はあり、例えば要介護になる原因の2位は脳血管疾患で、3位は認知症と続きます。

この統計調査からもわかるとおり、運動器に障害が起こると健康寿命を縮めて、要介護になるリスクが高まります。

要介護は、自分が辛いだけでなく、家族や介助者などにも大きく負担が掛かる問題です。

そのため、いつまでも運動器が健康を維持できるように、普段から健康的な生活を送ることが重要です。

ロコモティブシンドロームの原因

ロコモティブシンドロームの原因はさまざまですが、加齢とともに少しずつ進行していきます。

もちろん加齢以外にも、さまざまな原因が挙げられます。下記に、ロコモティブシンドロームが進行する原因(普段の生活)と症状や状態について説明します。

 

普段の生活で起こるロコモティブシンドロームの原因

運動習慣のない生活・・・だらだらして運動もあまりしないと徐々に運動器が衰えます

痩せすぎの人・・・・・・・痩せすぎると身体を支える骨や筋肉が弱くなります

太りすぎの人・・・・太りすぎの人は身体を支える腰や股関節、膝、足首に負担をかけます

スポーツや事故などの怪我・・関節はデリケートなので、怪我をすると将来的にロコモの原因になります

痛みや張りなどを放置・・・少しの痛みや張りなら大丈夫だと放置すると運動器が衰えてロコモの原因になります

 

ロコモティブシンドロームになる一歩手前の症状や状態

骨粗しょう症・・・骨がもろくなり少しの動作などで骨折が起こりやすくなります

変形性関節症・・・関節軟骨がすり減ることにより痛みなどで関節を動かせなくなります

変形性脊髄症・・・背骨の骨の間にある椎間板が潰れや骨の変形で腰などに痛みが出ます

 

これらの疾患が進行すると、身体が動かなくなったり外出したりしなくなったりするため、要介護のリスクが急激に上昇してしまいます。

ロコモティブシンドロームにならないように、普段の生活から見直すようにしましょう。

ロコモティブシンドロームの自己チェック

ロコモティブシンドロームになっているかどうかは、自分でチェックすることができます。

もし、下記のチェック事項に該当するようでしたら、ロコモティブシンドロームの可能性があります。

自分で各項目をチェックして、今後の予防や対策をおこなうようにしましょう。

 

・片足で靴下を履くことができない

・15分連続で歩くことができない

・階段を上がるときに手すりを使用する

・家や外出先でよくつまずいたり転んだりする

・横断歩道を青信号で渡りきることができない

・洗濯や掃除をするのが困難できつく感じる

・買い物などで2kgくらいの荷物を持ち帰ることがきつい

 

ロコモティブシンドロームを予防する運動習慣の重要性

身体は、骨や筋肉などの運動器で構成されていますが、骨密度や筋肉量は20代から30代がピークだといわれています。

骨密度や筋肉量は、適度な運動と適切な栄養補給でより骨が強く頑丈になり、より筋肉量が増します。

この大切な時期に、骨や筋肉に適切な運動や栄養素が与えられないと骨や筋肉は弱くなってしまうため、40代や50代になると身体の疲れや衰えを感じやすくなります。

さらに60代以降では、ロコモティブシンドロームにより身体が動けなくなる可能性が高まります。もちろん、運動器の骨や筋肉だけが重要ではありません。

骨の軟骨や背骨の椎骨と椎骨の間にある椎間板なども、骨を支える上で重要なものであり、運動や栄養補給で強く頑丈になります。

しかし、あまりに過度なスポーツや仕事をおこなうことは、これらの器官を痛めることになるため注意が必要です。

食生活改善によるロコモティブシンドローム対策

適度な運動は、ロコモティブシンドロームの対策になりますが、食生活の改善も必要です。

太りすぎだけでなく、やせすぎもロコモティブシンドロームのなるリスクが高まります。現代の中高年は、メタボリックシンドロームがとても多いといわれています。

中高年の男性の二人に一人が、また中高年の女性の五人に一人がメタボリックシンドローム(通称、メタボ)といわれ、予備軍でもあります。

メタボリックシンドロームになると体内で動脈硬化が進行し、心疾患や脳疾患などの命にかかわる病気になる可能性が高まります。

ただし、これらの病気以上に怖いのが、体重の増加により腰や膝などの関節に大きな負担がかかるため、ロコモティブシンドロームのリスクが高まります。

ロコモティブシンドロームになるのは、太ることだけが原因ではなく、やせすぎも原因になります。

例えば、若い人で極端なダイエットをおこなったり、ストレスなど何らかの原因により食欲不振になったりして身体が「栄養不足になること」も原因となります。

身体が栄養不足になると、骨密度や筋肉量が減るため、ロコモティブシンドロームになるリスクが高まります。

若い女性が体形を気にしすぎて極端に食事制限することや、高齢者の栄養不足などは特に要注意です。

ロコモティブシンドロームにならないように、しっかりと栄養補給をおこない、健康的にダイエットをおこなうことが大切です。

まとめ

今後前例のない超高齢化社会を迎える日本では、運動器の障害は深刻な問題であり、国の財政や人々に大きな影響を及ぼします。

確かに、加齢とともに運動器の障害は増加しますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

高齢者の中には、健康な人がたくさんいます。私たちは、高齢でも多少の肥満でも、身体を健康に保つことは可能です。ただし、適度な運動や適切な栄養補給は必要です。

普段から運動を習慣化したり健康的な栄養補給をしたりして、ロコモティブシンドローム予防の重要性を各自が認識することにより、ある程度の運動器の障害は予防することができます。

また、歳をとることに対して否定的にならずに、前向きに捉えて楽しく健康的に生きることがロコモティブシンドロームを予防する鍵になります。

もし、ロコモティブシンドロームになってしまったり要介護状態になったりしたときには、何らかの手を打つ必要があります。

例えば、信頼のおける優しい施術をおこなう整体などを受けたりすることもいいでしょう。

ロコモティブシンドロームや要介護になった状態では、身体の痛みや身体をうまく動かすことができないなどの症状が起きるため、躁うつ病や自律神経失調症になる人もいます。

あんしん療法の優しく痛みのない脳科学療法は、あんしんできる信号を脳に送り、痛みを消失したり関節の正常な動作をおこなったりすることが可能になります。

ロコモティブシンドロームや要介護の治療で大切なことは、関節などに負担がかからないように優しく関節の可動域を広げて、動作を改善してあげることが重要です。

ロコモティブシンドロームや要介護になる原因は、「体の連動性の欠如」「体幹の歪みや膝関節のズレ」などが挙げられ、関節に負担のかかる動作をおこなっていることも一つの原因です。

あんしん堂による施術では、脳の間違っている動作を元々身体に備わっていた正常な動作をおこなうように脳に「再記憶させる脳科学療法」をおこないます。

さらに、脳の内部表現変換により、間違った脳内情報が正しく書き換えて、体の連動性を取り戻します。

すると、体幹や骨盤、膝のズレなどが正常化されて脳に正しい情報がインプットされ、ロコモティブシンドロームや要介護の症状が改善します。

自分にとって最善の治療法や改善方法により、ロコモティブシンドロームや要介護を克服して、健康な生活をおくりましょう。