受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00
  • HOME
  •  > 
  • 揉み返しが起こる原因と対策

揉み返しが起こる原因と対策

マッサージや整体などに行くと、「揉み返し」があったなどと、耳にすることがあります。身体が痛かったり張っていたりして、治したいのにも関わらず、逆に身体が痛くなっては本末転倒です。

 

「揉み返しが起こるのは、筋肉が回復している証拠」などといって、揉み返しを起こした先生がおかしな説明をすることもあるようです。

身体はとても繊細で、グイグイ揉んだりボキボキされたりすることを嫌がります。マッサージや整体を受けて、揉み返しどころか頭痛や吐き気まで起きてしまう方もいます。

しかし、どうして揉み返しが起こるのでしょうか?そして、どのように対処すればいいのでしょうか?今回は、揉み返しが起こる原因と対策について解説します。

揉み返しとは

どうして「揉み返し」が起こるのでしょうか。マッサージや整体などの施術を受けると、必ず揉み返しが起きたという方がいます。

筋トレなどで起こる筋肉痛とは、少し状況が違います。揉み返しは、マッサージや整体などの施術を受けることにより、筋肉の組織が損傷して起こる炎症のことをいいます。

揉み返しがあるということは、施術の善し悪し以前の問題であり、悪い他ありません。相手に損傷を与えるような、強いマッサージや整体は避けることが賢明です。

身体の運動には、「自動運動」「他動運動」があります。筋トレなどをおこなうことは、自分でトレーニングをおこなうため自動運動に分類されます。

これに対し、他人から受ける運動のことを他動運動といいます。他動運動は、自分で筋肉を動かさずに、相手が自分の筋肉を動かしている運動です。

マッサージや整体などにより、揉み返しの症状が起こるのは他動運動になり、強く揉まれたりして痛みや張りが生じるため、筋肉痛とはいえません。

どちらかというと、何らかのものにぶつけるなど、外力が加わることで生じる「打撲」に近い痛みの症状といえます。

揉み返しの症状

人により揉み返しの症状は、さまざまなものがあり個人差が出ます。例えば、「押すと痛い」「鋭く刺すような痛み」「筋肉痛に似たような痛み」などと、揉み返しの状態を表現することが多いようです。

さらに、揉み返しの症状がひどくなると、頭痛や吐き気などをもよおす場合もあります。

これは、強いマッサージなどの無理な施術により、筋肉や毛細血管、筋膜宇、筋繊維などに損傷や炎症が起こるため、脳は身体を守るために筋肉を緊張させて血行障害が起こります。

すると、首や頭に血液まわらなくなり酸素不足が起こるため、頭痛や吐き気を引き起こすのです。

こうした症状を「好転反応」「揉み返しは筋肉が回復している証拠」などという説明や見方をする先生もいるようですが、あってはならないことです。

そもそも、好転反応の明確な提議はありません。揉み返しの症状が出るには、前述したような理由があるため痛みなどの症状が生じます。

脳や身体は、強いマッサージなど無理なことをされると、身体を守るために筋肉を緊張させるシステムがあります。

身体に優しい施術であれば、自律神経の副交感神経が優位になるため、脳や身体がリラックス状態になります。無理な強い施術をおこなえば、交感神経が優位になり揉み返しなどの症状が出ます。

揉み返しが起きた後で症状が楽になることを、「良い揉み返し」という人もいるようです。しかし、これは本来「身体が持っている治す力」で症状を改善しているにすぎません。

もし、マッサージや整体などで、痛みを伴うような施術を受けているのであれば回避したほうが賢明です。

優しく揉まない施術であれば。揉み返しのような症状は起こりません。

施術でだるさが出る仕組み

好転反応といえるかはわかりませんが、施術をおこなうことにより「身体のだるさ」が出る場合はあります。

身体は、日常の疲労やストレスが蓄積していると緊張状態になっているため、交感神経が優位になります。

優しい施術や入浴、睡眠、音楽などで脳や身体がリラックスした状態になると、副交感神経が優位になります。

この状態では、筋肉が弛緩して血行が良くなるため、体内に蓄積されている老廃物(アンモニアや尿素、尿酸など)が一気に血液に流れ出します。

極度の緊張状態である身体がリラックスした状態になれば、なおさら血流が良くなります。血液に流れた老廃物は、肝臓や腎臓で解毒処理され、その後は尿や汗などから体外へ排出されます。

この老廃物の排出システムは、身体の疲労度や年齢でも異なりますが、約1日でおこなわれます。

施術により身体にだるさを感じるのは、老廃物などが身体中を駆けめぐるために、だるさを感じることがあります。

もちろん、だるさを感じない人もいます。あまり疲労を感じていない人や、薬やアルコールを多用していない人などは、疲労物質や有害物質が体内に残っていないため、あまりだるさを感じないと考えられます。

お酒を飲むと、アルコール分解の過程で「アセトアルデヒト」という有害物質が体内で発生します。

アセトアルデヒトは強力な毒素なため、体内では優先的に肝臓でアセトアルデヒトを無毒化するための作用が働きます。

疲労が蓄積されている人は体内に老廃物も多いため、疲労度が強い人が飲酒してしまうとアセトアルデヒトの解毒を優先するために、体内に老廃物が蓄積されたままになります。

飲酒した次の日に、気だるい感じがするのはこのためです。揉み返しがくるような強いマッサージや整体を受けると、身体が緊張して血液の流れが悪くなり、老廃物が体内に残ったままになります。

すると、揉み返しだけでなく、身体のだるさも一緒に感じることもあるのです。このような状態では、体内に活性酸素が多く発生しています。

そのため、お茶や野菜、フルーツなどの「活性酸素を除去する食品」を多く摂取するようにしましょう。いずれにしても、体内の老廃物を早めに排出することが、身体を健康に保つ秘訣といえます。

揉み返しの原因

痛みが起こる原因は、前述したとおり、マッサージなどの無理な施術により、筋肉や毛細血管、筋膜、筋繊維などに損傷や炎症が起こることによります。

これは、筋トレなどでも通じるところがありますが、筋繊維が損傷すると、その修復のために白血球が集まり炎症が起こります。

このとき、発痛物質である「プロスタグランジン」「ブラジキニン」が放出されます。これにより、揉み返しで起こる痛みや張りなどの症状を感じるのです。

筋トレなどの筋肉痛は、損傷した筋肉などの組織が修復される過程で痛みを感じるため、次の日や数日後に感じます。

しかし、マッサージや整体などで起こる揉み返しは、早く感じる人で、その直後からしばらくの間痛みや不快な症状を感じるようです。

揉み返しの原因も、人によりさまざまで個人差があります。しかし、基本的に身体は、揉んだりボキボキしたりする強い施術を受け入れません。

「揉み返しには、人の体質や個性が関わっている」などと説明する人もいますが、基本的に身体は強い刺激を受け入れません。

強いマッサージは、より強く揉み返しが起こります。性格的に神経質な人や恐がりの人などに、揉み返しが起こる可能性が高いといいますが、この状況も脳が作り出している作用なのです。

これらの人は、最初の段階で身体が緊張しているため、強いマッサージや整体などの刺激によりさらに身体が緊張します。

当然、強いマッサージや整体を受ければ、脳は身体を守るために緊張して揉み返しが起こるわけです。

肩こりや筋肉痛、筋肉疲労などで、痛みや張りの原因が単純に筋肉にある場合は「揉み返しが起こる可能性は低い」という人もいますが、全く当てはまりません。

勿論、骨の骨折やひび、組織の変形や損傷などの器質的疾患が起こっている場合には、揉み返しの症状がひどくなるのは明白です。

ただし、筋肉だけに起きている張りや痛みに揉み返しが起こる可能性が低くなるわけではありません。

なぜなら、そうした箇所に対して、揉み返しの症状が起きていることが多くあり、揉み返しを訴える患者さんもそう語ります。

つまり、揉み返しには、特定の筋肉や場所、マッサージや整体の強さ、性格などに関係はありません。

全ては、脳が起こした「身体を守るための防衛システム」の発動により、これらに関係なく揉み返しが起こるのです。

一般的な揉み返し対策

一般的におこなわれる揉み返し対策は、「冷やす」「睡眠をとる」「老廃物の排出」などが挙げられます。

このような対策は、正しくもあり、間違っている場合もあります。例えば、アイシングなどで冷やすことですが、炎症が起きて熱感が強い場合には有効です。

ただし、長時間患部を冷やしすぎると逆に血行障害が起こり、筋肉や組織が緊張してひどくなる場合があります。このような場合には、10分~15分程度冷やすだけでいいでしょう。

ただし、揉み返しが起きている状態とは、患部に炎症が起きたり熱感を感じたりするだけではありません。

これらの症状がなくても、揉み返しの症状が起きていることが多くあります。

炎症や熱感がなくて揉み返しの症状を感じている場合には、ゆっくりお風呂に浸かるなどの対策をおこなった方が症状の緩和に効果的です。

本来、身体が緊張している場合には、温めるだけで改善することが多くあります。身体を温めると、血行が良くなり、老廃物も排出されます。

身体を温めて老廃物の排出に努めるとともに、水分を補給するようにしましょう。

睡眠を十分とることは、理にかなった回復法です。疲労や痛みなどの症状があるときには、睡眠を十分とることにより筋肉や組織の回復が早まり、揉み返し対策になるといえます。

揉み返しが起こっている状態では、筋肉や組織が緊張しているため、老廃物が溜まっています。

普段の食生活でコンビニや総菜など添加物が多い食事を食べていたり、長期間薬を飲んでいたりするひとなどは、揉み返しの症状が高くなる可能性は大きくなります。

そのため、水分(白湯や緑茶、ハーブティー、フルボ酸水なども良い)をこまめに摂取したり身体を温めたりして、老廃物の排出を促しましょう。

気を付けるべき対処法

揉み返しの対策法にも、さまざまな方法がありますが、気を付けなければいけない対処法もあります。例えば、湿布を貼ることです。

湿布を使用したときに、ひんやりして心地良いと感じる人もいるようですが、感覚が麻痺するなどして一時的に痛みなどの症状が消えたように感じるだけです。

あくまで一時的に痛みが消えたような気がするだけで、本当に症状が治ったわけではありません。この状態で動いてしまうと、さらに症状が悪化してしまいます。

他には、痛み止めの薬剤を多用することです。あまりに痛みが強い場合に、一時的に使用するのは仕方ありません。

しかし、長期間薬剤を使用することにより脳が治そうとする情報を遮断することになり、患部の回復が遅れてしまいます。また、薬剤には副作用があり、服用には注意が必要です。

揉み返しのこない施術や対処法

前述したように、強いマッサージや整体は揉み返しや身体のだるさを感じてしまい、身体にいいとはいえません。

したがって、揉み返しやからだのだるさを感じさせない優しい施術を受けたり、対処法をおこなったりすることが重要です。

身体に痛みや張りがあり、通院しているところで同じような施術を受けて症状が緩和しない場合は、施術方法が間違っている可能性が高いといえます。

身体は脳が支配しており、無理矢理おこなわれる治療方法に対して、さらに身体を守るために身体を緊張させます。

その結果、患部周辺の筋肉が緊張して、痛みや張りなどの症状が消えなかったり悪化したりすると考えられます。

あんしん療法の施術は、優しく心地良い施術をおこないます。ボキボキしたり揉んだりするような身体に危害を与えるようなことはしません。

身体に対して、優しく施術することにより、脳にあんしんできる情報を送ります。すると、脳の命令により作られた患部の緊張を緩和させることが可能になります。

人間の脳は、身体に痛みや不快な症状を感じると脳から神経系統に命令が伝わり、患部付近を緊張させて防御します。

この緊張して防御した身体の状態を、優しい施術で脳に緊張を解くように情報を伝えると、脳は緊張を解くために痛みが軽減されるのです。

あんしん療法の施術は、その人の呼吸や氣の流れをみながら軽く触れたりして「脳の内部表現変換」をおこない、身体を本来あるべき健康な状態に戻す療法です。

あんしん療法では、施術後のアドバイスもおこないます。それは、身体の状態が良くなったのにも関わらず、施術後にまた痛みや不快な症状が戻ることがあるためです。

脳は、常に身体を守る働きを担っています。そのため、今までおこなってきた姿勢や動き方を再度おこなうことがあります。

すると、姿勢や疲労などで再度身体を緊張させて、痛みや不快な症状が戻ってしまうことがあるのです。よって、姿勢や動作、練習方法、休息、栄養など、効果的なアドバイスをおこないます。

もちろん、どのような疾患でも、治る過程に違いがでてきますが、重度の疾患でも脳や身体に対して「適切な働きかけ」をおこなうことにより、健康改善する可能性は十分にあります。

なるべく本人の早い改善を目指し、早期復帰できるようにアプローチさせていただきます。

人の身体は、生きている限り必ず改善します。自分の身体や心を信じて、生活するようにしましょう。

また、あんしん療法の施術による改善例を紹介しますので、参考としてください。