浜松の整体。肩こり、頭痛、腰痛、成長痛、スポーツ障害など痛みを取り除く浜松のあんしん整体。

メールでのお問い合わせ

寝違えによる首の痛みの原因と対策について

よく寝たはずなのに、なぜか朝目覚めたら首が痛くなっている。誰しも、このような「寝違え」の経験が1度はあるのではないでしょうか。

一度、寝違えにより首が痛くなると、勉強や仕事に差し支えて大変なものです。

寝違えは、放っておけば徐々に良くなるものですが、なかなか痛みが治まらないこともあり、とてもやっかいな疾患です。

寝違えになると、誰でも早く痛みを取りたいと願います。ところが、整体などで揉んだりボキボキされて、余計にひどくなったりすることもあるようです。

今回は、寝違えによる首の痛みの原因と対策について解説します。

寝違えの原因

朝、目覚めたときに頸部(けいぶ)つまり、首に痛み(疼痛、とうつう)があることがあります。このような状態のことを一般的に「寝違え」といいます。

寝違えは世間一般的な名称であり、寝違えという医学用語はありません。医学的には、頸部周囲の筋肉や靱帯(じんたい)の急性炎症としてとらえています。

また、「急性疼痛性頸部拘縮(きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく)」と呼ばれる場合もあります。

一般的な寝違えによる原因の説明としては、不自然な姿勢で眠ることにより、寝違えが起こると説明されています。

本来、寝ているときに首に痛みや違和感などの不快な症状を覚えると、目が覚めたり無意識に首の姿勢を変えたりします。

しかし、肉体的疲労度が強すぎたり日々の睡眠不足や泥酔状態で寝てしまったりすると、これらの反応がなくなり痛みがあったとしてもそのまま寝続けてしまう場合があります。

つまり、睡眠時の姿勢が問題となって、頸椎や頸部の筋肉に負担がかかるために痛みなどの不快な症状が生じます。

また、睡眠時の姿勢だけでなく、睡眠時の冷えや疲労、頸部の捻挫や老化、炎症、風邪などの諸症状などによることもあります。

あんしん療法では、それ以外にも体幹や頸部の歪みや椎間板の潰れ、頚椎ヘルニア、ベッドや枕が柔らかさなども寝違えの原因として考えています。

何よりも、歪んだ身体の状態などを、脳が正しいと記憶していることが深く寝違えなどの原因と考えられます。

寝違えの症状

寝違えの症状は、起床時の静止状態やなんらかの動作時に、頸部に痛みや不快な症状が生じます。

寝違えの痛みなどにより、頸部の可動制限を伴う場合が多くみられ、頸部痛以外にも頭痛や肩こり、背部痛、圧痛、しこり、しびれなども伴う場合があります。

なぜなら、痛みなどにより頸部の緊張が続くことにより、首から肩部や上肢に続く神経の通り道が筋肉や椎骨などで圧迫されるため、前述したような症状が起こります。

一般的な寝違えの検査と治療方法

寝違えは、特別な診断方法があるわけではなく、レントゲン検査や医師による触診などにより検査や診断がおこなわれます。

一般的な寝違えの治療方法は、安静にすることを第一に考えて治療を進めます。寝違えの原因が頸椎関節や筋肉、靱帯である場合に、頸部全体の緊張を取り除くことがポイントになります。

一般的な寝違えの治療方法としては、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などの内服薬を処方したり、湿布や温熱療法、レーザー照射などによる鎮痛処置を施したりする治療方法がおこなわれます。

寝違えの痛みが強い場合には、痛みが強い頸部周辺に対して、局所注射や神経ブロックなどをおこなうこともあります。

通常、寝違えによる痛みなどの不快な症状は、1週間~2週間程度で患部の炎症がおさまり症状が軽快するといわれています。

ただし、あくまで目安なので、これらの治療法で痛みなどの症状が治まらない場合もあります。

あんしん療法による寝違えの考察

どのような疾患にもいえることですが、痛みなどの不快な症状を感じるときには、速やかなに症状を解消することが大切です。

ただし、寝違えの症状のように、1週間~2週間程度安静に待たなければいけないことは苦痛であり、勉強や仕事にも差し支えます。

脳科学療法である「あんしん療法」による完全無痛で優しい施術により、寝違えなどの諸症状のほとんどがその場で変化することに気付きます。http://www.ansindo.jp/impression/index.html

また、寝違えだけに限らず、さまざまな疾患について正しく自分の症状や状態を理解して、適切な処置をおこなうことが重要です。

もちろん、治るスピードは疾患の重症度や患者さんの生活習慣にもよりますが、寝違えで何週間も痛みを抱えることはありません。

適切な処置をおこなうことにより、早期回復することは可能です。

人間の脳や身体は、痛みなどの不快な症状を感じることにより、その周囲を緊張させて患部を守ります。

その結果として、さらに患部に強い痛みを感じるのです。

あんしん療法による完全無痛の優しい施術は、脳に安心感を与える信号を送るため、脳からの信号により身体の緊張を解いて身体の緊張を解除します。

その結果、その場で痛みの変化を、自分自身で理解することが可能になります。寝違えによる静止時や動作時の痛みも、その場で身体の変化を理解できます。

寝違えの痛みが生じた後に、1ヶ月以上も経過して痛みが減らない場合には、現在おこなっている治療方法が間違っているといえます。

身体は、マッサージや指圧、ストレッチボードによるストレッチ、アイシング、湿布、痛み止め、電気治療(ドップラー波電療法、干渉波など)インソール(ヒールカップなど)の治療方法をときに強制力と感じて、脳が身体を緊張させて守るために痛みが出ている可能性があります。

これらの治療方法は、あんしん療法の施術を受けに来られた患者さんから問診で聴いたものによる治療法であり、今まで受けていた治療方法です。

さらに、患者さんは「いろいろな病院や整骨院、整体、マッサージなどに通いましたが痛みが取れませんでした。」といわれます。

身体は脳が支配しており、無理矢理おこなわれた治療方法に対して身体を守るため、身体に防御命令を発動します。これが、いわゆる「揉み返し」です。

その結果、患部周辺の筋肉が緊張して痛みが慢性化するため、痛む状態が長く続くと考えられます。

痛みをともなう無理なマッサージやボキボキする整体、ストレッチなどは、さらに痛みを悪化させる原因となります。こうした療法を受けるには、注意が必要です。

あんしん療法では、施術後に日常生活なアドバイスなどもおこないます。それは、良くなったのにも関わらず、仕事や練習後にまた痛みが戻ることがあるためです。

脳は、第一に身体を守る働きを担っています。そのため、今までおこなってきた間違った姿勢や動き方を再度おこなうことにより、痛みが戻ることがあるのです。

よって、あんしん療法では姿勢や動作、練習方法、休息、栄養など、個人個人に対して効果的なアドバイスをおこないます。

もちろん、どのような疾患でも、治る過程・スピードに違いがあります。

しかし、重度の疾患でも脳や身体に対して適切な働きかけをおこなうことにより、脳の内部表現変換がおこなわれて健康改善する可能性は十分にあります。

あんしん療法では、痛みなどの疾患の早期改善を目指し、早い段階で職場や学校に復帰できるように脳や身体にアプローチさせていただきます。

人の身体は、生きている限り必ず改善します。自分の身体や心を信じて、日々生活するようにしましょう。

また、あんしん療法の施術による改善例を紹介しますので、参考としてください。(http://www.ansindo.jp/impression/index.html

一覧へ戻る

あんしん堂

〒432-8021 静岡県浜松市中区佐鳴台3-33-20
TEL/FAX 053-448-3001

診療時間

診療時間

休診日 / 木・日

※ セミナーや講演等で振り替えで木曜日休診を
他の曜日と変更することがあります。
完全予約制 電話にてご予約ください
靴下とタオル、柔らかいズボンをお持ちください。

Copyright (c) ansindo All rights reserved.