受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00
  • HOME
  •  > 
  • 辛いぎっくり腰の原因と治療法

辛いぎっくり腰の原因と治療法

人は誰でも、生きているうちに一度は腰痛になったことがあるのではないでしょうか。腰痛の中でも、やっかいな痛みが「ぎっくり腰」です。

ぎっくり腰は、いきなり「グキっ」と衝撃が腰に走り、瞬時に強い激痛に襲われます。ぎっくり腰は、正式には「急性腰痛」「椎間捻挫」といいます。

さて、いきなり起こる「ぎっくり腰」ですが、その原因はなんなのでしょうか。そして、治療法はどのようなものがあるのでしょうか。今回は、辛いぎっくり腰の原因と治療法について解説します。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰になる原因には、さまざまなものがありますが、「物を持って身体を起こしたときにギクッとなった」「ふいに振り返った瞬間に激痛が走った」「立とうとした瞬間に痛みで立てなくなった」など人により、原因も違います。

つまり、現代では、ぎっくり腰の原因は特定できていません。ぎっくり腰の原因は、身体の歪みや椎骨のズレ、椎間板の潰れなどが挙げられますが、病院で検査してもはっきりした異常が認められないことが多いようです。

それにも関わらず、多くの人がぎっくり腰になるため、やっかいな腰痛といえます。

レントゲンなどの検査で異常が認められなくても、ある程度の疾患の特定は可能です。例えば、仕事やスポーツなどで腰部の筋肉が慢性的に疲労することにより、ぎっくり腰になる可能性が高まります。

また、仕事などで同じ動作を何度も繰り返し行うと、筋肉に疲労がたまります。他にも、腰部の疲労蓄積が限界を超えることにより、ぎっくり腰になることが考えられます。

人の身体は、ある程度は頑張って仕事しても、回復する作用があります。しかし、仕事やスポーツなどを休まずに頑張りすぎることにより、その負荷に耐えられなくなります。

また、頑張りすぎ以外にも、睡眠不足や栄養不足などもぎっくり腰の原因になります。その他にも、運動不足やずっと同じ姿勢、動作をおこなうことも、ぎっくり腰になる可能性が高まります。

足を組んだり、横座りしたりすることなど、身体を歪む姿勢を長時間とり続けることも、ぎっくり腰の原因として挙げられます。

これらの姿勢を、常におこなっていると骨盤が歪みます。そして、その歪んだ状態を、脳は正しいと記憶するため、繰り返しその姿勢を取るようになるのです。

その結果、神経を刺激して、腰に痛みが走ります。急に起きたり、急に腰を捻ったりするような急激な動作も、ぎっくり腰の原因として考えられます。

さらに、偏った食生活や怠惰な生活習慣、急激な体重増加、体質なども腰痛が起こる原因として考えられます。

ただ単に、一時的な腰の張りや歪み程度であれば、数日間の休息をとることにより回復が望めます。

しかし、器質的疾患を伴う「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部椎間板症」「腰椎圧迫骨折」などになると、回復に長い期間が必要になります。

腰椎と腰椎の間には、「椎間板」と呼ばれるクッションの役目をする軟組織が存在します。

しかし、老化や疲労、睡眠不足、休息不足、栄養不足などにより椎間板が潰れてくると、椎間板の中にある「随核(ずいかく)」と呼ばれる組織が飛び出てしまい、神経を圧迫して腰痛椎間板ヘルニアになります。

ヘルニアまでいかなくても、椎間板が潰れることにより、椎骨と椎骨の間が狭くなり、筋肉や関節に負担がかかり、神経を刺激して腰部椎間板症になります。

また、老化で骨がもろくなり「骨粗しょう症」になると、転倒などを起こしやすくなります。すると、腰部に強い外力が加わり、腰椎を圧迫骨折することもあります。

これらの疾患は、ぎっくり腰よりも重症な症状であるため、普段の生活に注意が必要です。

ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰が起きた場合は、身体を安静にすることが重要です。ぎっくり腰による痛みは、人それぞれの姿勢でも異なるため、自分が一番楽な姿勢で安静にしましょう。

また、入浴などで腰を温めることも、効果的な対処法となります。腰を温めることにより、血流が良くなり患部を修復させる物質が行き届くため、ぎっくり腰の回復が早くなります。

もし、腰部に熱感があり炎症を起こしている場合には、冷やしましょう。熱感が取れていれば、前述したように、何度でも入浴して腰部を温めましょう。

いつまでも患部を冷やしていると、血液循環がわるくなり、筋肉や靱帯が硬く萎縮します。患部を温める方法は、入浴以外にも赤外線照射や超音波、レーザーなどの照射による温熱療法やホットパックなどの方法があります。

コルセットの着用は、腰部が緊張したり腰部の筋肉がやせ衰えたりするため、常時着用することは控えましょう。

あくまで、何らかの作業や仕事をしなければならない場合にのみ使用するだけです。コルセットを常時着用して、ぎっくり腰が治ることはありません。

一般的な治療法では、薬物療法などもおこなわれます。薬物療法で処方される薬は、筋肉を緩めるための「筋緊張弛緩薬」や血管を拡張させる薬である「血管拡張薬」、神経障害の回復を促すための「ビタミンB12」などです。

他には、精神安定剤なども薬剤として処方されることがあります。しかし、これらの薬剤には「副作用」が伴いますので、服用する際には注意が必要です。

これらの薬剤で効果が認められない場合には、神経ブロック注射などがおこなわれるようです。

ぎっくり腰などの「腰痛に対する対処法」で重要なことは、患部の筋肉を緩めて血流をよくすることです。ぎっくり腰などの腰痛は、条件反射により腰部の筋肉の緊張が起こり、激痛が伴います。

脳は、痛みを感じることにより、患部を守るために防衛反応として筋肉を緊張させます。したがって、脳に対して患部の防衛反応(緊張)を解かせるために、あんしんできる優しい情報を送り患部の緊張を解かせる必要があります。

しかし、強い患部の痛みに対して、マッサージなどの強い刺激は、さらに患部を緊張させることになります。

多くの患者さんが「揉み返し」があったといわれるのは、揉むなどの施術により患部を強く刺激したことによる反動です。脳や身体は、優しく心地よい施術を受け入れて、筋肉の緊張を解く作用があります。

さらに、脳や身体に対して「身体を動かしても痛くない情報を理解させて動作させること」を記憶させます。すると、腰をかがめたりする動作でも痛くならない状態を理解して、痛みが感じなくなります。

痛みを感じるシステムは、最初に何らかの影響により、患部からカリウムイオンやアセチルコリンなどの「発痛物質」が放出されます。

次に、発痛物質が知覚神経の末端に到達すると電気信号に変化して、大脳皮質の「体性感覚野」に伝わります。

この信号により、神経細胞が反応して痛みを感じます。つまり、電気信号により、脳が痛みを感じているわけです。

優しく心地の良い施術は、その情報を電気信号として脳に伝わり、「脳の内部表現が変換」されることにより痛みは消失します。

ぎっくり腰などの腰痛は激痛のため、とても辛い思いをします。腰に痛みを感じたら、すぐに自分に合った治療法を受けるたり休息したりするなど、早めの改善に努めましょう。

あんしん療法の施術による改善例を紹介しますので、参考としてください。
改善例 »