受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00
  • HOME
  •  > 
  • 身体の痛み
  •  > 
  • ジャンプなど膝の使いすぎでパキパキ鳴るタ...

ジャンプなど膝の使いすぎでパキパキ鳴るタナ障害(タナ症候群)とは

ジャンプ動作や膝の使いすぎで、膝を曲げたときに膝関節がパキパキ音と音が鳴り、痛みが生じる疾患があります。この疾患のことを「タナ障害(タナ症候群)」といいます。

タナ障害は、激しいスポーツや膝関節をよく使い過ぎる仕事など膝関節に繰り返し負担がかかり、膝に痛みが生じる疾患です。

タナ障害は、どのような原因で起きるのでしょうか。また、タナ障害の予防方法はあるのでしょうか。今回は、膝を曲げるとパキパキ鳴るタナ障害について解説します。

タナ(棚)とは(膝関節の構造)

膝関節の構造は、太ももの骨である「大腿骨(だいたいこつ)」とスネの骨の「脛骨(けいこつ)」とお皿の骨の「膝蓋骨(しつがいこつ)」で構成されています。

さらに大腿骨と脛骨の間には、「半月板(はんげつばん)」というクッションの役割をする軟骨の板があります。

膝関節は、外側から関節包と滑膜(かつまく)という2つの膜に包まれて保護されています。この膜の中は、「滑液(関節液)」という液体で満たされています。

また、滑液が満たされている空間のことを「関節腔(かんせつこう)」といいます。その滑膜の中央部分くらい(大腿骨と脛骨の中間くらい)に、「滑膜ヒダ(plica synovialis)」があります。

このヒダは、ちょうど物を載せるための棚のように見えることから、この箇所を「タナ」といいます。タナ(滑膜ヒダ)は、膝関節の中に4つ存在します。

例えば、「膝蓋上嚢(しつがいじょうのう)」と膝関節を分ける「膝蓋上滑膜ヒダ」や、「多大腿脛骨関節(ただいたいけいこつかんせつ)」を内外に分ける「膝蓋下滑膜ヒダ」があります。

他には、膝蓋上嚢の外側から膝蓋骨外側縁(しつがいそくがいそくえん)を通る「膝蓋外側滑膜ヒダ」と、膝蓋上嚢の内側から膝蓋骨内側縁(しつがいこつないそくえん)を通って膝蓋下脂肪体に付着する「膝蓋内側滑膜ヒダ(plica synovialis mediopatellaris)」があります。

この4つの滑膜ヒダは、胎児が母親の胎内にいるときに一時的に作られるものです。出産後の約半数の胎児は、そのまま滑膜ヒダが残るといわれています。

滑膜ヒダは、これといった役割の機能を持たないため、放っておいても特に悪い影響はありません。

ただし、「タナ障害」になると、膝にパキパキ音がするようになったり膝に痛みが生じたりします。

タナ障害で主に問題にされているタナは「膝蓋内側滑膜ヒダ」で、この滑膜ヒダが肥厚(ひこう、大きく厚くなる)している場合に痛みや違和感が生じます。

タナの形状は、A、B、C、D型の4つのタイプに分かれています。A型は、タナの内壁がやや盛り上がって太い棒状になっています。

ただし、A型のタナは大腿骨内側顆にはかかっていません。B型は、タナの幅が狭く膜状になっています。B型も大腿骨内側顆にかかっていません。

C型のタナは、タナの幅が広く膜が厚くなっています。このタナは、大腿骨内側顆の全面を覆う形で存在します。

D型のタナは、タナの真ん中に穴が開いて2つに分かれています。さらに、タナの一部が肥厚して太い棒状になっているのが特徴です。

タナ障害の症状

膝関節が「タナ障害」になると、さまざまな症状が膝関節に生じます。タナ障害は、初期症状と慢性症状、臨床的症状に症状分けできます。

初期症状として、スポーツや仕事などで屈伸(くっしん)をおこなったり椅子から立ち上がったりすると、パキパキ音やコキコキ音、バキッとするような音が鳴ったり膝関節に何かひっかかったりするような感じが起こります。

また、膝蓋骨(膝のお皿の骨)の内側の下に痛みが生じることがあります。

また、繰り返しおこなう膝の曲げ伸ばし動作や階段の上り下り、ジャンプ動作などをおこなっていると、膝関節周辺の痛みや引っかかり感が強くなります。

他にも、膝の重だるさや滑膜ヒダの部分を押すと圧痛があったり、太い棒状の組織を感じたりします。

タナ障害が慢性症状になると、運動時にのみ痛みを感じます。一旦、運動を中止すると症状は軽快しますが、運動を再開すると再度痛みを感じるようになります。

膝の痛みや違和感などを感じる期間も、数ヶ月続いてなかなか改善しなかったり、なにもしていなくても痛みや違和感などを感じたりするようになります。

タナ障害の臨床的症状では、スポーツ時だけでなく日常生活の膝を動かす動作でも、膝蓋骨と大腿骨の間にタナが挟み込まれるためタナが肥厚します。

タナが肥厚すると、太く硬くなったタナが発端となり、タナの一部が損傷したり晴れたり出血したりします。その結果、タナの付近にある大腿骨や脛骨の軟骨が損傷することもあります。

また、タナ障害の症状は、膝関節の内側だけでなく、お皿(膝蓋骨)にも痛みや違和感などを感じることがあります。

もし、膝関節の外側に痛みや違和感などの症状が生じるときには、「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん、ランナー膝)」などの疾患が考えられます。

タナ障害の原因

激しいスポーツや身体をハードに動かすような仕事などで、限度を超えて膝の曲げ伸ばしを繰り返すことにより、前述した「タナ(滑膜ヒダ)」がお皿の骨(膝蓋骨)と大腿骨の間に挟まります。

大腿骨の内側顆骨とタナがこすれて、タナの一部が盛り上がって太く硬くなります。すると、この部分が炎症を起こし、痛みや腫れなどの症状が膝関節に生じます。

この疾患のことを「タナ障害」といいます。タナ障害は、別名「タナ症候群」ともいいます。

タナ障害にも、さまざまな種類があります。例えば、タナがあっても大腿骨にかかっていない場合には、パキパキ音が鳴りません。

ところが、タナが大腿骨にかかっている場合には、パキパキ音が鳴ります。タナも、太くて1本の場合や2本に分かれているもの、タナの真ん中に穴が空いているものもあります。

また、これらの症状に、タナが太く盛り上がっている場合もあります。逆に、タナが薄く幅が狭い場合もあります。

タナ障害は、膝を打撲したり、膝の屈伸を多くおこなったりするスポーツや仕事などに多くみられる疾患です。

中には、スポーツや仕事以外にも、体質的にタナが厚く大きい人もいます。その場合には、余計にタナ障害の症状が出やすくなります。

また、オーバートレーニングなどで、太ももや下腿の筋肉が緊張していてもタナ障害の症状が強く出たりします。

タナ障害が発症しやすいスポーツは、ラグビーや格闘技、野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上競技、マラソン、山登り、テニスなどです。

特に、膝の曲げ伸ばしを多く繰り返すスポーツや、ジャンプ動作の多いスポーツなどにタナ障害が起こりやすいといえます。タナ障害は、外傷によりタナが損傷する場合にも起こります。

タナ障害が発症する年代は、10歳~20歳代の若者に多いようです。男女差では、女性の方が男性よりも多く発症します。

タナ障害の診断や治療

タナ障害は、膝の曲げ伸ばしをおこなったときにパキパキと音が鳴るのが特徴です。したがって、簡易的な診断方法は、お皿の骨の内側に指を当てた状態で膝の曲げ伸ばしをおこないます。

そのとき、パキパキ音(弾発現象)が鳴れば、タナ障害の可能性が高くなります。この方法は、自分でもおこなうことができます。

ただし、タナ障害と似たような疾患は多数あるため、パキパキ音の確認や問診だけでタナ障害の診断は難しいといえます。

なぜなら、タナ障害以外の他の疾患も併発していることも考えられるからです。タナ障害だけであれば、膝の「ロッキング症状」が起こることはほとんどありません。

もし、ロッキング症状が起こる場合には、タナ障害以外にも半月板損傷などの疾患が併発している可能性が高くなります。

この検査で膝に音が鳴り、タナ障害の可能性が高いときには、MRI検査をおこないタナを確認して診断します。

MRI検査ではタナは白く写るため、タナの存在を確認できるのです。また、MRI検査では、半月板の損傷なども確認できるため、他の疾患との併発や鑑別をおこなうことも可能となります。

タナは、柔らかい軟組織なため、レントゲン検査(X線検査)では確認できません。レントゲン検査は、あくまで骨に異常があるかの有無の確認にしかなりません。

もし、レントゲン検査だけをおこなうだけの検査方法をする場合には、細かい診断をしていない可能性が高まります。

その場合には、セカンドオピニオン(他の病院等)を選ぶことも視野に入れて治療にあたりましょう。

タナ障害をMRI検査で確認できた場合、次に「関節鏡検査」で確定診断します。

関節鏡検査では、滑膜ヒダの損傷や軟骨の損傷、膝の屈曲伸展時に滑膜ヒダが大腿骨と膝蓋骨の間に挟まれるかなどの確認をおこないます。

タナ障害の治療は、基本的に安静にするなどの保存療法をおこないます。タナ障害の程度が軽度の場合には、運動を休んだり運動量を抑えたりすることにより、痛みや張りなどの症状は改善します。

膝関節に、腫れや熱感を持っている場合には、アイシングをおこなったり、消炎鎮痛剤の薬(内服薬)や湿布(外用薬)塗り薬、座薬などを使用したりします。

他には、超音波療法や温熱療法などの物理療法をおこない、膝関節周辺の筋肉の緊張を和らげる方法をおこないます。

タナ障害の症状がさほどひどくなければ、約2ヶ月程度で改善します。しかし、症状が進行して痛みが引かない場合には、痛み止めの注射をおこなったりします。

それでも変わらない場合には、手術療法をおこないます。手術療法では、内視鏡(関節鏡)による手術で、タナを切除する「関節鏡視下郭清術」などの手術がおこなわれます。

タナ障害の予防法

タナ障害の主な原因は、スポーツでのオーバートレーニングや仕事での膝関節の使い過ぎです。

よって、スポーツや仕事を休息することや、個人の能力をはるかに上回るオーバートレーニングをしないことが予防につながります。

また、タナ障害の予防法としては、膝関節や足全体の柔軟性を高めるために、ストレッチや柔軟体操をおこなうことはとても有効です。

逆に、足全体の筋肉鍛えるトレーニングをおこなうことにより、タナ障害の予防法になります。

トレーニング後も、念入りなストレッチや入浴をおこない、十分な睡眠を取ることが最適な予防法になります。

このように、タナ障害は膝を曲げるとパキパキ鳴り痛みや違和感がともなう疾患ですが、適切な治療方法により比較的早く改善する疾患です。

タナ障害にならないように、前述した予防法をおこない膝関節のケアに努め、充実した生活を送るようにしましょう。

あんしん堂での施術

タナ障害の治療は、タナや膝関節に負担がかかる動作を改善してあげることが重要です。

タナ障害は、膝蓋骨(お皿の骨)や大腿骨(太ももの骨)などにタナが擦れて炎症を起こすことが大きな原因と考えられています。

しかし、スポーツや仕事などでタナに負担がかかる動作をおこなうことが本当の原因となっていることが多いようです。

このタナに負担がかかる動作をしてしまうのは、脳の記憶に深く関係があります。脳は、繰り返し同じ動作をおこなっていると、例え間違っている動作でもその動作を正しいと認識して記憶します。

また、タナ障害が起こる原因として「体の連動性の欠如」「体幹の歪みや膝関節のズレ」などによりタナ周辺に負担のかかる動作をおこなっていることが挙げられます。

当院では、脳の間違っている記憶動作を、元々あった正しい正常な動作をおこなう動作を脳に「再記憶させる療法」をおこないます。

さらに、脳の内部表現変換により体の連動性を取り戻し、体幹や骨盤、膝のズレなどを改善することによりタナ障害の根本治療をおこないます。

脳の正しい記憶法により体の連動性を取り戻す

運動や仕事をおこなうときに、身体は背骨や骨盤から下肢にかけて、体全体を連動させて動くことがとても重要になります。

しかし、普段無意識におこなわれる悪い姿勢(足組みや横座りなど)などで体幹や骨盤が歪み、背骨や骨盤回りが固まると身体の連動性が失われてしまいます。

スポーツや身体を使う仕事をしているときも、下肢のみで走ったり身体の一部分だけを使って仕事したりするようになり、筋肉や関節、靱帯、椎間板などにかかる負担が増大します。

身体の連動性のとれていない状態で運動や仕事をしていると、身体に疲労が溜まり怪我をしやすくなります。

タナが元々ある人が、身体の連動性が欠如してくることにより、タナ部に負担がかかるような動作をおこなうために膝の痛みや違和感などを訴えるようになります。

あんしん堂では膝関節、タナ部に負担のかからないような動作を取り戻すために、正しい身体の状態を脳に記憶させて身体全体の連動性を取りもどす治療をおこないます。

優しく完全無痛の施術方法により、体幹や骨盤回りの筋肉の緊張を解き、身体全体の連動性を取り戻していきます。

あんしん療法により「身体の連動性を取り戻す」ことで、身体全体の動きが変わりバランスがとれてきます。

すると、タナ障害を起こしている部位への負荷が激減するために、膝の痛みや違和感などを改善することが可能になります。

ただ単に安静にしているだけで痛みが一時的に治まったとしても、脳の間違った記憶により再びタナに負担のかかる動作をおこなえば、膝に痛みや違和感は再発する可能性が高くなります。

そのため、脳科学療法により身体に正しい動きを記憶させることにより、身体の連動性を取り戻して痛みの再発しない動きを記憶させる必要があります。

脳科学療法により体幹の歪みを改善する

タナ障害は、膝蓋骨(お皿の骨)や大腿骨内側顆(太ももの骨)がタナと擦れることで痛みや違和感などを発症します。

これは膝関節や骨盤がズレていたり、大腿骨や脛骨にねじれがあったりすることでタナと擦れやすくなるために、痛みや違和感などを起こすようになるのです。

膝関節のズレや大腿骨に捻じれが生じるのは、過去に起きたさまざまな疾患の既往や、体幹や骨盤の歪みなどが原因で徐々に起こります。

これは、過去に起きた疾患が完全に治っていないために、脳が患部を守って固めていたり間違った状態を記憶していたりすることで起こる現象です。

やがて時間の経過とともに、体幹や骨盤の歪みが大きくなると、タナが擦れるようになるため痛みや違和感などが生じます。

こうしたことから、タナの部分に負担のかかる大腿骨や脛骨、膝蓋骨のズレ、大腿骨の捻じれなどを正しい状態に修正する必要があります。

あんしん療法では、ボキボキしたりグイグイ押したりするような強い施術はおこないません。優しく完全無痛の施術方法でおこなわれるとてもソフトな整体術です。

実際にあんしん療法の施術を受けていても、何をしているかわからないくらいソフトで、寝てしまう人もいるくらいの優しく安全な施術方法です。

 タナ障害だけでなく、さまざまな疾患の治療で重要になるのは、なぜ患部に負担のかかる状態になってしまっているのか正確に判断して、間違った状態の動きを正しい状態の動きへ改善してあげることがポイントになります。

ただ単に、炎症部に湿布を貼って炎症が治まるのを待っていても、決して疾患が治るわけではありません。

その証拠に、再び負担のかかる動きをしてしまうと、患部に痛みや違和感などが再発してしまいます。

身体の根本治療とは、間違った脳の記憶を正しい記憶に内部表現変換することです。

その結果、身体全体の連動性を取り戻して、全体のバランスが整うことによりタナに負担のかかる動きが改善できるのです。

タナ障害や他の膝の障害でお困りの方は、ぜひ脳科学療法である「あんしん堂」にご相談ください。その場で身体の変化を感じることができます。