受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00
  • HOME
  •  > 
  • 身体の痛み
  •  > 
  • 糖尿病などの病気で起こるシャルコー関節と...

糖尿病などの病気で起こるシャルコー関節とは

膝関節に生じる痛みは、スポーツや重労働、加齢などで起こる場合だけでなく、病気などで痛みが起こることがあります。

例えば、関節の痛みや変形、骨折などにより、膝に痛みが生じます。参考例として挙げると、糖尿病などの病気が進行することにより、骨の組織が破壊されて膝に痛みや不快な症状が生じます。

しかし、どうして糖尿病などの病気などで、膝に痛みなどの症状が出たりするのでしょうか。今回は、糖尿病などの病気で起こるシャルコー関節について解説します。

シャルコー関節(神経病性関節症)とは

シャルコー(Charcot)関節の医学的病名は、「神経病性関節症(しんけいびょうせいかんせつしょう、Neuropathic Joint Disease)」といいます。

この疾患になると、関節の骨が骨折したり破壊されたりする症状が生じます。脊髄には、中枢神経や末梢神経などの大切な神経がたくさん通っています。

これらの神経が何らかの原因により障害されると、関節の防御機構が効かなくなり、関節が破壊されてしまいます。

その結果、下半身の感覚が鈍り、痛みや感覚などが感じにくくなります。この疾患のことをシャルコー関節(神経病性関節症)といいます。

シャルコー関節は末梢神経の疾患であるため、膝関節や足関節などに痛みや不快な症状が多くみられます。

この疾患は、神経障害により痛みなどの感覚が鈍ってしまうため、たとえ骨折していたとしても気がつかないことがあります。

そのため、骨折後に無意識に骨折を放置して、足が変形するなどの症状が起こることがあります。

例えば、足の裏やくるぶしの骨などが骨折して、骨折箇所やその周辺がさらに陥没して足関節が変形します。

他の症状としては、足の関節が腫れて赤みを帯びたり、足部の皮膚温が2°C以上上がったりすることもあります。

また、靴の圧迫や摩擦に気付かないため、足底などに潰瘍(かいよう)や胼胝(たこ)ができることもあります。

いずれにしても、シャルコー関節になると感覚が鈍るために、さまざまな症状が生じます。

シャルコー関節(神経病性関節症)を疑うさまざまな症状

シャルコー関節になると、痛みをあまり感じないために疾患を放置してしまい、さまざまな症状が生じます。

例えば、前述したような膝関節や足関節が異常に腫れ上がることがあります。関節の腫れ以外にも、「関節水症(かんせつすいしょう)」といって、膝に水が多く溜まることがあります。

膝に水が溜まると、ぷよぷよした感じが伴います。他にも、膝関節や足関節がぐらついて、関節部の不安定感を感じることがあります。

シャルコー関節による検査は、X線検査などがおこなわれます。X線検査をおこなうと、骨の変形や破壊が随所に確認できます。

例えば、骨の欠片(かけら)の「関節ねずみ」が膝関節周辺に大量に発生していることが確認できます。

それにもかかわらず、足部に痛みをあまり感じないことが、シャルコー関節の大きな特徴です。

シャルコー関節(神経病性関節症)の原因(糖尿病や梅毒)

シャルコー関節は、さまざまな病気により起こる病気です。シャルコー関節が生じる代表的な疾患としては、糖尿病や梅毒などです。

これらの病気にかかると、身体の感覚が鈍るため、足の関節に負担がかかっても自分では気がつかない状態になります。

そのため、無意識に膝関節や足関節などの関節が、関節の可動範囲以上に可動することによりシャルコー関節の症状が起こります。

また、普通の人なら痛みをともなうような悪い姿勢をおこなっても痛みをあまり感じないため、悪い姿勢を長時間しすぎてシャルコー関節の症状が生じます。

ある調査では、病院の診断では痛みをともなう変形性膝関節症の患者さんよりも、シャルコー関節の患者さんの方がはるかに多くの関節の変形や破壊が確認されているようです。

シャルコー関節になる原因は、糖尿病や梅毒(神経梅毒)など、さまざまな病気が進行したことによるものです。

糖尿病は、血糖値が異常に高くなり、病状が進行すると末梢神経障害を起こすようになります。

糖尿病が進行すると末梢神経障害が起こるため、痛みを感じにくくなりシャルコー関節の症状が生じます。

梅毒は性病の一種で、「梅毒スピロヘータ(トレポネーマ・パリドム)」という細菌に感染することにより発症します。

梅毒がある程度の期間を経て(数年~数十年)重症化することにより、脳や脊髄などもダメージを受けてしまいます。

梅毒は、梅毒スピロヘータが直接中枢神経に侵入するために、さまざまな症状が生じます。

梅毒が進行すると、「髄膜血管型神経梅毒(ずいまくけっかんがたしんけいばいどく)」が発症します。

髄膜血管型には、「髄膜型」「脳血管型」「脊髄髄膜血管型」の神経梅毒があります。髄膜型に感染すると「急性ウイルス性髄膜炎」と同じような頭痛や発熱などの症状が生じます。

髄膜型の症状がひどくなると、髄液の流出路を閉塞(へいそく)するために、「水頭症(すいとうしょう)」を合併することもあります。

脳血管型の神経梅毒は、初期感染から約5年~30年経過して発症することが多く、脳梗塞などの疾患を引き起こします。

脳梗塞は、神経梅毒が原因のものか動脈硬化性のものが原因かの区別をすることは、とても困難です。

また、神経梅毒になると「進行麻痺(しんこうまひ)」が生じ、認知障害を引き起こします。また、記憶障害や短気、判断力の低下や異常行動などがみられます。

神経梅毒の治療をおこなわないと、約3年~5年で死亡するといわれています。シャルコー関節に関係する神経梅毒の疾患には、脊髄が傷害される「脊髄癆(せきずいろう)」があります。

脊髄癆(せきずいろう)になると、体幹や四肢の電撃痛や進行性の歩行失調、感覚障害、排尿障害、腱反射消失(けんはんしゃしょうしつ)、瞳孔異常、対光反射異常などが認められます。

そして、脊髄癆(せきずいろう)になると、シャルコー関節の症状が生じます。

他にも、脊髄の中に液体が溜まって空洞ができる「脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)」でも神経障害を起こし、シャルコー関節になります。

近年、先進国では「ペニシリン」などの抗生剤の進歩とともに、比較的希な病気になっています。

しかし、最近の報告によると「HIV(ヒト免疫不全ウイルス)」と梅毒との合併例が多いなど、大きな問題として取り上げられています。

シャルコー関節(神経病性関節症)の一般的診断と治療

シャルコー関節は、X線検査で異常が確認できる疾患です。

また、膝関節や足関節に骨折や破壊があるのにも関わらず患者さん自身は痛みなどを感じていないため、そのことからもシャルコー関節の診断が出ます。

シャルコー関節の治療は、前述した神経障害を起こしている病気自体を治すことがポイントです。

シャルコー関節により変形が進んだ症状の治療はとても困難です。

一般的な初期症状の治療方法としては、変形している関節に対して関節の変形が進行しないように、サポーターやコルセットなどを装着します。

これは、患部の関節を固定や保護することが目的の「装具療法」です。変形の進行度が大きい場合には、手術療法がおこなわれます。

手術療法では、関節を固定する「関節固定術」や、金属や強化プラスチックなどの人工関節に取り替える「人工関節置換術(じんこうかんせつちかんじゅつ)」などの手術がおこなわれます。

また、関節ねずみなどが患部に多数みられる場合には、「遊離体摘出手術(ゆうりたいてきしゅつじゅつ)」がおこなわれます。

ただし、関節固定術の手術では固定した骨がうまくつながらない場合があります。人工関節置換術の手術でも、人工関節が緩んでしまう場合があり、手術が必ずうまくいくとはかぎりません。

シャルコー関節を持つ患者さんのケアは、神経障害にならないために、血糖値をコントロールするなどして身体が良好な状態に保てるような方法をとります。

まとめ

このように、シャルコー関節は、さまざまな病気(特に糖尿病や梅毒)により起こる疾患です。

痛みもないのに、膝関節や足関節が腫れたり熱感があったりするようなら、シャルコー関節の可能性は高いといえます。

シャルコー関節を進行させないためには、神経障害の原因となる病気を、しっかりと治療して治すことが大切です。

ただし、現代医学ではシャルコー関節を引き起こす糖尿病や梅毒の治療がメインとなり、その後の関節の変形などは治療が困難な状況です。

シャルコー関節の治療は、関節の保護や固定などが主流です。

ご存じのとおり、身体は脳が支配しています。本来、身体は痛みを感じることが正常な状態ですが、シャルコー関節になると痛みが感じにくくなってしまいます。

この間違った異常な状態を、正しい状態に変える必要があります。痛みを正しく感じることにより、関節の変形を防ぐことが、シャルコー関節の重症化を予防する一つの方法であると考えられます。

さらに、身体の状態を正しい状態に戻すことにより、変形した関節も少しずつ正常な関節に変化していくかの性も高まります。

どのような疾患でも、治る過程に違いはあります。たとえ重度の疾患でも、脳や身体に対して「適切な働きかけ」をおこなうことにより、健康改善する可能性は十分にあると考えられます。

あんしん堂では、なるべく本人の早い改善を目指し、早期改善や仕事への復帰ができるように疾患に対して脳科学的アプローチをさせていただきます。

人の身体は、生きている限り必ず改善します。自分の身体や心を信じて、前向きに疾患に向き合うようにしましょう。

シャルコー関節や他の膝の障害でお困りの方は、ぜひ脳科学療法である「あんしん堂」にご相談ください。その場で身体の変化を感じることができます。