受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

四十肩や五十肩などの肩の痛みは20代や30代でも起こるのか?

四十肩や五十肩は、ただ単に起こる肩こりと違い、激痛で腕が上がらなくなったりそのままの状態でも肩に痛みが走ったりする辛い疾患です。

とても辛い四十肩や五十肩ですが、30代や20代の人でもこの疾患が発症するのでしょうか。

四十肩や五十肩は、40代や50代の人に多く発症する疾患のため、一般的俗称として使用されている名称です。

今回は、四十肩や五十肩などの肩の痛みは20代や30代でも起こるのか?について解説します。

四十肩・五十肩の原因

仕事や勉強、スポーツなど、1日のうちで肩を使う作業はかなりの頻度であります。

近年では、仕事や勉強などでパソコンやスマホを使用して作業する時間も多く、肩や腕、掌などにかなりの負担がかかります。

女性では、家事や育児なども影響して、多くの女性が四十肩や五十肩になることがあります。

肩に痛みがある状態で、仕事や勉強、スポーツなどをおこなっていると、脳は身体を守るために肩の筋肉を緊張させます。

それでも、仕事や勉強をやらないといけないために、肩を酷使するために痛みが生じます。

医学的見解では、肩関節を構成するさまざまな組織(骨や軟骨、靱帯、腱、筋肉など)が運動不足や老化で悪い状態であるのにもかかわらず、無理に肩を酷使して動かすことが主な原因とされています。

確かにその通りですが、その悪い肩の状態を判断して守っているのは脳です。

脳は、身体の悪い状態に対して、その箇所を守ろうとする作用があります。そのため、筋肉を緊張させて患部が拘縮などを起こして、肩に痛みが生じます。

四十肩や五十肩という名称は、あくまで一般的名称ですが、医学的には「肩関節周囲炎(けんかんせつしゅういえん)」といいます。

肩関節周囲炎は、肩の関節の周囲にある組織が傷ついて炎症を起こし、肩に痛みや運動制限が生じている状態のことを指します。

そして、40代や50代の人に多く発症する疾患であるため、一般的名称として四十肩や五十肩といわれています。

しかし、実際には20代や30代の若い世代でも、肩関節周囲炎が発症する人が多くいます。

肩関節周囲炎の症状

四十肩や五十肩といわれる肩関節周囲炎の初期症状は、最初に肩が引っ掛かるような違和感程度の異変が起こります。

そのため、多くの人は「ただの肩こりかなにかかな」と放置してしまうようです。

しかし、その状態を放置していると、だんだん肩の痛みが強くなり、肩関節の動きが痛みで制限されるようになります。

すると、洋服が着づらくなったりブラジャーのホックを留められなくなったり、ズボンの後ろポケットに入れた財布を取ることがきつくなったりします。

肩関節周囲炎がひどくなると、肩関節周囲の骨や筋肉をつなぎ合わせている筋肉の腱である「腱板(けんばん)」が断裂したり部分断裂したりします。

患者さんの中には、夜寝ているときに肩にズキズキするような痛みが走り、激痛で眠れなくなることもあります。

中には肩の痛みだけでなく、胸やお腹、背中などに痛みが伴う場合があります。

これらの症状が合わせて起こる場合には、狭心症や心筋梗塞などの病気が併発している可能性があるため注意が必要です。

こうした症状が起きている場合には、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

肩関節周囲炎の一般的対処法

もし、肩関節周囲炎になった場合には、仕事や勉強、スポーツなどで無理に肩を動かさないことです。

前述したとおり、肩の痛みが強い場合に肩を無理に動かすと、脳は身体を守るために筋肉を緊張させます。肩に痛みがあるときには、まずは安静にすることが治療の第一歩です。

病院などでは、肩関節周囲炎になったときに、最初に問診や触診、レントゲン検査などの画像診断などをおこないます。

骨などに異常がなければ、肩の痛みを抑える消炎鎮痛剤を処方したり、内服薬を処方したり、局所注射(ブロック注射)を用いたりします。

他には、湿布や電気療法、温熱療法などの物理療法もおこなわれます。また、基本的な治療方法としては、運動療法などがおこなわれます。

日常生活の注意点

肩関節周囲炎になったときには、日常生活を注意する必要があります。例えば、肩関節周囲炎になると前後左右の動きや、手を後ろに回す動作が痛みで困難になってきます。

自分で肩を治そうとして、無理に肩の可動域を広げるような動きやストレッチをおこなうと、逆に肩の痛みが増す可能性があります。

基本的な日常生活の注意点は、肩の痛みが起こらない可動範囲の中で肩を動かすことです。

例えば、何かものを取るときには、手や肩だけを使わずに、身体全体を動かしてなるべく肩に負担がかからないようにします。

洗濯物を干したりシャッターを下ろしたりする動作は、肩の可動範囲を大きく超える動作になります。

このようなときには、踏み台を使用するなどの工夫をおこないましょう。

どこかのサイトでは、「痛みがあるのに我慢して動かすこと」と指導しているようですが、まったく違っています。

痛みのある状態で肩を動かせば、さらに痛くなるのはいうまでもありません。このような間違った方法は、絶対におこなわないようにしましょう。

また、冬場や夏の冷房が効いたところでは、肩を冷やしてしまいます。筋肉は冷やすと緊張する作用があるため、肩に痛みがある場合には、余計に痛みを強く感じるようになります。

肩に痛みがある場合には、厚着やお風呂にゆっくり浸かるなど、肩を温めることも痛みの予防方法になります。

肩関節周囲炎のチェック

肩関節周囲炎になると、肩の可動範囲が狭くなります。もし、肩関節周囲炎かどうか判断に迷う場合は、次の動作をおこなってみましょう。

もし次の動作で肩に痛みが走るなど、スムーズにできない場合には、肩関節周囲炎に可能性が高まります。

 

・両腕を頭の後ろで組むと肩に痛みや違和感を感じる

・腕を前に伸ばして、そこから上(上方)に挙げると肩に痛みや左右差がある

・前腕を曲げて、そのまま肘を水平か水平より上に上げると肩に痛みや左右差がある

・腕を後ろに持って行くと、肩に痛みが走る

・ブラジャーのホックが肩の痛みではめることができない

・ズボンの後ろポケットの財布やスマホが、肩の痛みで取りづらい

・洗濯物を干すときに肩に痛みや違和感を感じる

・肩を回すと痛みや違和感を感じる

・そのままの状態で、肩に痛みや違和感を感じる

 

肩関節周囲炎の解消法

前述したとおり、身体に痛みがあると脳は身体を守るために、筋肉に対して緊張させるように命令します。

そのために、患部に痛みが生じます。これらの症状を解消するには、筋肉が痛みのない健康な状態であることを脳に知らせる必要があります。

その方法が、あんしん療法の基本手法である「正撫法」です。正撫法は、患部を正しく撫でる方法です。

残念ながら、一般的な患部を擦る方法では痛みは消失しません。正しく擦る方法とは、優しく筋肉に無理なく触れる方法です。

痛みが発症するシステムは、筋肉が剥離を起こすと、筋繊維の間に乳酸や老廃物などが蓄積されます。すると、筋肉の剥離が大きくなり、患部に痛みが生じます。

正しく撫でる正撫法をおこなうことにより、筋繊維が整えられて筋肉の緊張を取り除くことが可能になります。

正撫法により代謝を高め、筋繊維を整えることで血流のバランスを整えて血流を促すことが期待できます。

正撫法のやり方は、筋繊維に沿って、指の腹(四指)で肩を優しくゆっくり撫でます。この方法で、優しく肩を撫でていると、徐々に肩の痛みが緩和されていくことに気付きます。

一般的な撫でる方法は、筋肉の繊維に沿っておこなわず、さらにササッと押しつけたり強い力でおこなったりするために痛みが解消されないのです。

ただ単に、筋肉の剥離が原因である痛みなら、正撫法でかなり痛みを軽減できるはずです。正撫法は、1~2分くらいおこないましょう。

正撫法の注意事項として、正撫法をおこなったときに、圧痛(触れて痛みを感じること)場合は、痛みがある周りから正撫法をおこないます。

すると、徐々に圧痛のあった箇所が小さくなり、最後には痛みが消失します。また、この手法は長時間行ってはいけません。

再度行う場合は、約1時間空けてから再度正撫法をおこないます。すると、痛みのあった箇所が改善されるようになります。

あんしん療法では、施術後のアドバイスもおこないます。それは、良くなったにも関わらず、練習後にまた痛みが戻ることがあるためです。

脳は、身体を守る働きを担っています。そのため、今までおこなってきた姿勢や動き方を再度おこなうことがあります。

よって、姿勢や動作、練習方法、休息、栄養など、効果的なアドバイスをおこないます。

もちろん、どのような疾患でも、治る過程に違いがでてきますが、重度の疾患でも脳や身体に対して適切な働きかけをおこなうことにより、健康改善する可能性は十分にあります。

なるべく本人の早い改善を目指し、早期復帰できるようにアプローチさせていただきます。

まとめ

四十肩や五十肩といわれる肩関節周囲炎は、20代や30代の人でも起こる大変辛い疾患です。

仕事や勉強、趣味、スポーツなど、どのようなことでも集中して頑張りすぎると肩を痛めてしまうので、適度に休みを入れるなど休息も必要です。

肩関節周囲炎は、あらかじめ予防することも可能です。

例えば、仕事が長時間になる場合には適度に休憩を入れたり、運動をおこなう前には十分な準備運動やストレッチをおこなったりすることです。

また、どのような作業でもやり過ぎず、肩に痛みを感じたときにはしばらく休憩することです。睡眠不足なども肩に悪い影響を及ぼすため、毎日の睡眠時間はしっかり確保しましょう。

どうしても肩に痛みがある場合には、前述した正撫法をおこなってみましょう。肩に痛みのない健康な状態で、仕事や勉強、趣味、スポーツなどを楽しみましょう。