受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00
  • HOME
  •  > 
  • 腕の骨折と足首の捻挫で歩けなくなり来院 ...

腕の骨折と足首の捻挫で歩けなくなり来院 磐田市大泉在住|C.O様主婦71歳女性

腕の骨折と足首の捻挫で歩けなくなり来院 磐田市大泉在住|C.O様主婦71歳女性
  • Q1.当院を知ったきっかけはなんですか?

    知人の紹介です。

  • Q2.来院前はどのような状況でしたか?

    転んで左上腕を骨折してから左足首も捻挫して動けなく(歩けなく)なりました。 左足首が痛くてまったく歩けませんでした。 左足首がパンパンに腫れていました。

  • Q3.当院に通院するようになってお身体はどのように変化してきましたか?

    最初は歩くこともできなかったのですが、治療を重ねていくうちに、うそのように痛みがとれて歩けるようになりました。それから姿勢が良くなったので視界が広がりました。

  • Q4.体調がよくなって1番良かったこと、嬉しかったことは何ですか?

    自分で自分のことが出来るようになったことがうれしかったです。 猫背がだんだんに直して、全体的に身体の調子が良くなってきました。 もともとあったアキレス腱の痛みもとれてきました。これからも体型に気を付けていきたいと思います。

  • Q5.同じように悩んでいる方へメッセージをお願いします。

    私のように捻挫や骨折、体形のゆがみなどで苦しんでいる人は、やさしくやっていただける治療なので、ぜひ受けてみてください。 痛くない治療です!

  • Q6.当院からのコメント:

    C.O様は、とても姿勢が悪く(円背)、それにより歩いているときにつまずいて腕を骨折してしまいました。さらに運悪く、足首もひねってしまい捻挫で足がパンパンに腫れた状態でいらっしゃいました。やはり、怪我の予防や身体の痛みなどの予防には、普段の姿勢が大切になってきます。悪い姿勢などは、脳がその状態を正しいと記憶しているために、その姿勢をおこなってしまうのです。あんしん療法による施術により、悪い姿勢から正しい姿勢を脳に記憶させることにより、足首の捻挫の症状も改善されたと考えられます。これからも姿勢を注意して健康な生活を送りましょう。