受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

イライラや頭痛などが起こる女性の更年期障害の原因と治療法

誰でも「更年期障害(こうねんきしょうがい)」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

更年期とは、女性の場合閉経の前後10年間の間を更年期といいます。といっても、人それぞれに更年期の時期も違いますし、男性にも似た症状が起こります。

日本人女性は、おおよそ50歳前後(45歳~55歳)の人が更年期といわれる期間にあたります。

男性にも似たような症状が起こりますが、女性の場合は閉経とともに女性ホルモンの「エストロゲン(Estrogen)」が激減して、男性よりも多く身体や心に症状が起こります。

例えば、全身に手足の冷えや動悸、息切れ、頭痛、不眠、イライラなどの症状が生じます。

更年期障害の症状のなかには、疲労感が絶えず起こり、体力が落ちたと感じる女性も多いようです。

更年期のときに、女性の身体の中でどのような変化が起きているのでしょうか。また、イライラや頭痛などの症状は、解消することができるのでしょうか。

今回は、イライラや頭痛などが起こる女性の更年期障害の原因と治療法ついて解説します。

更年期について

前述したとおり、更年期とは女性の場合、閉経の前後10年間の間のことをさします。

更年期に入ると、人にもよりますが日本人女性(40代の女性)の約5%の人に、生理不順などの症状がみられるようになります。

また、45歳くらいから閉経する人が少しずつでてきます。日本人女性の平均閉経年齢は、おおよそ50歳といわれています。

そのため、その前後約10年間の間を「更年期」といいます。女性の場合、閉経が近づくと卵巣のはたらきが低下するため、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」が急激に減少します。

女性ホルモンの低下とともに、身体にはさまざまな不快な症状が生じます。

エストロゲンとは

女性ホルモンの一つである「エストロゲン」は、卵巣で作られています。エストロゲンは、子宮の発育や子宮内膜の増殖など、さまざまな女性の器官に関係する大切なホルモンです。

エストロゲン量は、年齢により多かったり低かったりします。例えば、思春期にはエストロゲン量が上昇して、閉経時期には急激に減少します。

エストロゲンの名前の由来は、ギリシャ語の「estrus(発情)」と接尾語の「gen(生じる)」から成り立っています。

女性の身体は年齢とともに段階を経て変化していきます。

思春期に初潮(生理、12歳前後)が始まり、女性ホルモンが大量に分泌されてより女性らしく成長し、子供が産める身体へと変化していきます。

エストロゲンは、一般的に8歳~9歳ころから卵巣で分泌されます。

この頃から、エストロゲンの作用により、女性らしい身体に変わっていきます。

思春期になると、乳房の成長や膣、子宮の発育が進み、身長や体重が増してより女性らしくなっていきます。

エストロゲンは、30歳半ばまで分泌が活発におこなわれるといわれています。

この頃の状態を「性成熟期」といい、女性としての身体の機能がすべて整い、妊娠や出産できる身体に変化していきます。

エストロゲンは女性らしい身体の発達とともに、髪の毛や肌の潤いを保ったり丈夫な骨を維持したり、コレステロール値の調整、動脈硬化予防など、さまざまな健康効果を女性にもたらします。

40歳を過ぎると、卵巣機能が徐々に低下して、エストロゲン分泌量が減少してきます。また、生理周期が不規則になって、50歳頃に閉経を迎えるといわれています。

この閉経の前後10年間の間を「更年期」といいます。この時期は、エストロゲンの減少とともにホルモンバランスが大きく崩れるため、身体や心にさまざまな不快な症状が生じます。

エストロゲンとプロゲステロンの関係

また、女性ホルモンはエストロゲンだけでなく、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」もあり、この2つの女性ホルモンにより身体のホルモンバランスがコントロールされています。

エストロゲンは生理終了後から排卵期に分泌量が増えるのに対し、プロゲステロンは排卵から次の生理が始まるまでの間に分泌量が増えます。

プロゲステロンは、受精卵が子宮に着床しやすいように子宮内膜を整えて、妊娠の成立を助ける重要な女性ホルモンです。

また、妊娠成立後に、赤ちゃんの生育のために子宮環境を整える役割も担っています。

エストロゲンとプロゲステロンは生理周期の間に交互に分泌されて、ホルモンバランスをうまく保っています。

閉経の前後10年間の間に、これらのホルモンバランスが崩れてホルモン分泌量が減ることにより、身体や心にさまざまな不快な症状が生じます。

更年期を過ぎて「老年期」を迎えると、エストロゲンの分泌はほとんどなくなります。

そのため、身体や心に起こっていた不快な症状もだいぶ治まってきますが、エストロゲンにより身体を守っていた働きも弱まっていきます。

それにより、骨からカルシウムが流出して「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」になりやすくなったりします。

ほかにも、悪玉コレステロールが増えて「高脂血症(こうしけっしょう)」が起こりやすくなったりします。

老年期には、エストロゲンがほとんど分泌されなくなるため、適度な運動や食生活の改善をおこない、日頃から健康に注意することが更年期障害の予防になります。

更年期障害のシステムとホルモンバランス

エストロゲンと更年期障害は、どのような関係があるのでしょうか。

思春期や性成熟期で卵巣が十分に働いている状態のときには、スムーズに卵巣から脳(視床下部と下垂体)へエストロゲンによる信号が送られます。

少しややこしくなりますが、女性ホルモンは卵巣から分泌されていますが、卵巣に「女性ホルモンを分泌しなさい」と命令を下しているのは脳の「視床下部と下垂体」です。

脳は信号で卵巣に、卵子の発育を促す「卵胞刺激ホルモン(FSH)」や排卵を促す「黄体刺激ホルモン(LH)」を分泌するように指令を送ります。

思春期や性成熟期には、卵巣と脳の信号のやりとりがスムーズにおこなわれます。

しかし、更年期で卵巣の機能が低下することにより、脳と卵巣の信号のやりとりがうまくいかなくなります。

これは、卵巣機能の低下でエストロゲン量が減少するためで、卵巣から信号を受け取った脳は大量の刺激ホルモンを出すようになります。

それによりホルモンバランスが崩れて、イライラや頭痛などの症状として「更年期障害」が出てきます。

脳の視床下部は、女性ホルモンを分泌する司令塔にあたりますが、視床下部は身体の機能を自動的にコントロールする「自律神経」の司令塔でもあります。

ホルモンバランスの乱れもそうですが、日常おこなわれる不規則な生活や食生活、睡眠不足、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れることも更年期障害が生じます。

ホルモンバランスは、年齢にも関係があります。例えば、思春期には卵巣機能が未熟なため、ホルモンバランスがうまく調整できずに身体や心が不安定になりがちになります。

更年期によるエストロゲン量低下や思春期での卵巣機能が未熟なことも、ホルモンバランスが乱れる大きな原因になります。

エストロゲン欠乏期と若年層の更年期障害症状

女性らしい身体の発達にはエストロゲンは欠かせない存在です。

エストロゲンは、女性の生殖器の発育などにとても重要なホルモンですが、生殖器以外にも皮膚や血管、神経、骨、脳に至るまで、全身の細胞などへ大きく作用する重要なホルモンです。

現在の日本人女性の平均寿命は、おおよそ85歳です。100年以上も前の女性は、平均寿命が約50歳でした。

そして、当時の女性の寿命と閉経がほぼ同じです。ということは、当時の女性はホルモンバランスの乱れによる更年期障害に悩まされることはなかったことになります。

閉経時期は、100年以上前の女性も今現在の女性も同じです。

現在の女性は寿命が30年以上も延びたので、エストロゲンの欠乏期が30年以上になり、ホルモンバランスが乱れてさまざまな身体や心に不快な症状が生じます。

また、現代に生きる女性は、若くてもさまざまなストレスや過労、疲労、怠惰な生活、不規則な食生活などで、自律神経のバランスが崩れることが多いようです。

近年では、20代~30代の女性にもイライラや頭痛などの症状を感じる人が多く、「プチ更年期」とも呼ばれています。

高齢によりエストロゲンが欠乏するだけでなく、ストレスや過労などさまざまな要因が、更年期障害のような症状となって身体や心に現れるのです。

更年期障害の症状

更年期になると、さまざまな不快な症状が身体や心に生じます。また、更年期の初期と中期~後期にかけても、同じような症状や違った症状が起こります。

更年期障害の初期と、中期~後期に起こる症状について下記に記述します。

 

更年期初期にみられる症状

・月経(生理)の異常:生理周期が短くなったり長くなったりする

・月経(生理)の異常:不:規則な出血がある

・精神的な異常:イライラや頭痛、憂鬱、不眠、ストレス、しびれ、めまい、物忘れ、集中力の低下など

・自律神経系の異常:ドキドキ感や冷え、発汗、ほてり、のぼせ、血圧上昇など

 

更年期中期~後期にみられる症状

・生殖器関係の異常や衰え:尿漏れや頻尿、失禁(尿が我慢できない)、細菌性膣炎など

・皮膚の衰え:シミやしわ、皮膚のたるみ、皮膚の透明感の低下など

・筋肉や骨の衰え:腰痛や肩こり、関節痛、背部痛、足のだるさや疲労、子宮脱など

 

これらの症状以外にも、ホルモンバランスの乱れや女性ホルモンの減少などにより、高血圧や肥満、高脂血症、高血糖、さらに動脈硬化が進むといわれています。

閉経後は、心筋梗塞や狭心症などの心疾患も増えるようです。

また、エストロゲンの減少により、情緒不安定や気分の落ち込みなど「躁鬱病(そううつびょう)」の症状が起こる可能性もあります。

現代医学では、うつと更年期障害の症状はとても見分けがつきにくいといわれています。

更年期障害の治療と副作用

更年期障害の治療には、さまざまな治療法があります。

例えば、前述した自律神経の乱れで起こるドキドキ感や冷え、発汗、ほてり、のぼせや、更年期中期~後期にみられる肩こりなどには、ホルモン補充療法(HRT)や漢方薬、自律神経調整薬などを使用します。

なかでも、ホルモン補充療法は多くの病院などで採用されており、体内で足りなくなったホルモンを飲み薬や貼り薬、塗り薬などで補充して症状を改善させます。

ただし、乳がんや子宮体がん、薬のアレルギー反応がある人は、この療法が受けられない場合もあります。

ホルモン補充療法(HRT)は使用する薬剤により、副作用が違ってきます。

例えば、吐き気や下腹部の張り、おりもの、不正出血、乳房の痛みや張りなどがあります。

ホルモン補充療法(HRT)と乳がんの関係性ですが、海外の研究結果では乳がんになる危険性が高いと発表されたり、国際閉経学会が解析した研究では乳がんになるリスクが見直されたりしたとのことです。

2002年に、アメリカでおこなわれていた「WHI」という研究機関によるホルモン療法の研究では、治療を受けた人が乳がんや心血管疾患などの病気の増加がみられました。

この研究機関で治療の対象となった患者さんは、ホルモン療法をすべきでない患者さんに、使ってはいけない薬を使っていたというものでした。

医療法人社団オルソ・マキシマスの見解では、特定のホルモンと同じような作用を持つホルモン薬は、作用は似ていても身体の中での代謝経路が異なるため、結果として発がん性物質が体内で作られると警告します。

例えば、化学合成された「プロゲステロン(プロゲスチン)」は、発がんリスクが高まることが知られているそうです。

漢方薬を使用する療法は、「加味逍遥散(かみしょうようさん)」という漢方を使用する場合が多いようです。

加味逍遥散は、芍薬(シャクヤク)や甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、柴胡(サイコ)、当帰(トウキ)など、10種類の生薬から作られています。

漢方薬は、副作用が比較的少なく、長期間服用できるといわれています。しかし副作用が全くないわけではありません。

なかには希に、命に関わるような副作用が発現することもあるので注意が必要です。

加味逍遥散の副作用は、かゆみや発疹、嘔吐、下痢、腹痛、食欲不振、胃部不快感、悪心、肝機能障害、黄疸などです。

ただし副作用の頻度は比較的少なく、程度も軽いものがほとんどとだといわれています。

胃腸系の副作用は、加味逍遥散に含まれる「当帰(トウキ)」が原因で腹痛や下痢などの副作用が報告されています。

「甘草(カンゾウ)」には、「グリチルリチン」という成分が含まれていて、「偽性アルドステロン症」になることがあります。

グリチルリチンは、「アルドステロン」というホルモンと似たような働きがあります。

アルドステロンは、体内でナトリウムを増やしてカリウムを減らす作用があります。

甘草により、このアルドステロンと似たような作用が起こると、高ナトリウム血症になり血圧が上昇して身体が浮腫(むくみ)」ます。

カリウムは心臓や筋力の収縮に関わる物質なため、体内のカリウム量が減ると身体に力が入りにくくなったり、痙攣(けいれん)したり不整脈が起きたりします。

自律神経調整薬は、自律神経の中枢である「視床下部」に作用して、自律神経のバランスを改善するといわれています。

自律神経調整薬は、「ハイゼット(ガンマオリザノール)」といわれるのぼせや冷え性、動悸、発汗の緩和に処方されます。

ほかにも、「グランダキシム(トフィソパム)」という薬は、身体が緊張したり興奮したりして起こる頭痛や肩こりなどの諸症状を緩和するといわれています。

ただし、これらの薬剤にも、ふらつきやかゆみ、吐き気、眠気などの副作用があるので、薬の使用には注意が必要です。

通常の食事で更年期障害の症状を改善する

患者さんの中には、薬の副作用が怖くて薬を飲みたくない人もいるでしょう。そのような人には、通常の食事で更年期障害の症状を改善する方法もあります。

例えば、大豆などに多く含まれている「イソフラボン(isoflavone)」には、体内でエストロゲンと同じような働きがあることがわかっています。

イソフラボンは、大豆の胚軸(はいじく、芽になるところ)に多く含まれる「抗酸化物質」の一つです。

抗酸化物質は、細胞にダメージを与える活性酸素の働きを抑える優れた物質です。イソフラボンは、豆腐や納豆、油揚げ、きな粉、味噌、大豆飲料などに多く含まれています。

ビタミンE(コハク酸d-α-トコフェロール)は、体内でプロゲステロンの材料になるとともに、ホルモンの分泌やホルモンバランスを整える作用があります。

ほかにも、ビタミンEは血管を拡張させて血流を改善する作用があるので、肩こりや冷え性などの改善に期待が持てます。

更年期障害とは別ですが、ビタミンEは皮膚のメラニン色素の沈着を抑える作用があるので、シミを防いだり紫外線を防御したりする美肌効果があります。

食品に含まれるビタミンEは、主に「α-・β-・γ-・δ-トコフェロール」の4種類があります。

ビタミンEは、緑茶などの茶類に多く含まれていて、次にひまわり油などの植物油やアーモンド、唐辛子、果物、小麦、魚類などに含まれています。

ほかにも、更年期障害には水溶性のビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)が良いといわれています。

ビタミンB6は、エストロゲンの代謝に関わり、体内における神経伝達物質の合成、皮膚粘膜の合成などにも深く関わっています。

そのため、ビタミンB6は「PMS(Premenstrual Syndrome、月経前症候群)」の緩和にも役立つといわれています。

ビタミンB6は、緑茶などの茶類や唐辛子、米、にんにく、芋類、かぶ、バナナ、魚類、レバー、肉類などに多く含まれています。

ホルモンバランスを乱す食事

ホルモンバランスの乱れは、女性ホルモンのエストロゲンの減少だけでなく、食生活も原因として挙げられます。

例えば、添加物がたっぷり入ったファーストフードやコンビニ弁当、インスタント食品を多く食べたり、菓子類などのジャンクフードやケーキなど甘い物を多く食べたりすることです。

ほかにも、仕事や勉強などで忙しくて食事の時間がバラバラになったり過剰なダイエットをしたりすることも原因として挙げられます。

いずれにしても、食生活や不規則な時間での食事も、ホルモンバランスを乱すと考えられます。

良質な睡眠と女性ホルモンの関係

ホルモンバランスの乱れにより、さまざまな更年期障害の症状が生じます。

しかし、良質な睡眠をとることにより女性ホルモンを正常に分泌させて、ホルモンバランスを改善することができます。

仕事や勉強、趣味などで睡眠不足になると、ホルモンバランスが崩れて女性ホルモンが正常に分泌できません。

普段の不規則な睡眠は、更年期障害に影響します。現代人の生活は、仕事や勉強だけでなく、夜遅くまでテレビや本を見ていたり、パソコンやスマホをやっていたりすることが多いようです。

ほかにも、コーヒー好きの方で、1日に何杯もコーヒーを飲むと大量のカフェインが良質な睡眠の妨げになってしまいます。

このような普段の生活環境を変えて良質な睡眠をとることにより、ホルモンバランスが改善して更年期障害を和らげることができます。

睡眠時間は、なるべく7時間~8時間はとるようにしましょう。特に、夜10時~2時までの間は、ホルモン分泌が盛んになる重要な時間帯です。

この時間帯にしっかり睡眠をとると、正常に女性ホルモンが分泌されて、更年期障害の症状を軽減できると考えられています。

また、寝る前には照明を落としたり、リラックスできる音楽を聴いたりして、寝るようにするといいでしょう。

人により睡眠サイクルは違いますが、決まった時間に寝て決まった時間に起きることも大切です。

朝起きたときには、しっかりと太陽光を浴びて身体や目を覚ますことも、ホルモンバランスを改善するポイントになります。

女性ホルモンを活性化する経穴(ツボ)

中医学では、女性ホルモンの分泌を活性化する経穴(ツボ)を刺激する方法があります。

ホルモンバランスは脳の「下垂体」が深く関係しており、女性ホルモンの分泌が促されるといわれています。

脳の下垂体に関係している経穴が、足の親指の真ん中(大敦と隠白の間)にあるので、この箇所を10秒間押すと女性ホルモンの分泌に良いといわれています。

ここを押して痛みを感じないときには、ホルモンバランスが崩れている可能性があります。

また、足の裏の中央より少し上に位置する「湧泉(ゆうせん)」という経穴を押すことにより、全身の氣の巡りを改善する効果があるといわれています。

他には、湧泉の右斜め下に「副腎」を改善する経穴があります。副腎は、女性ホルモンや抗ストレスホルモンの分泌を促す作用があるので、この経穴も10秒間押すと良いといわれています。

ただし、あまりに強すぎるような押し方は、脳が危険に感じて身体が張ってしまいます。心地良い程度に経穴を刺激することが理想的な方法です。

まとめ

女性の(男性にも)イライラや頭痛などの症状は、ホルモンバランスの乱れから起こる更年期障害によるものが多いようです。

更年期障害には、薬や食事、睡眠など、さまざまな治療法や改善法があります。薬は、短期的にはすごく効いた感を得ることはできますが、副作用などの心配もあります。

薬は、更年期障害を治すわけではなく、あくまで身体や心に出ている症状を緩和するだけです。

身体は、ちゃんとした食事や良質な睡眠をとるなどの生活改善だけで、副作用がなくある程度の改善は可能です。

それでも改善がみられない場合には、脳科学療法をおこなう「あんしん堂」へお申し付けください。

あんしん療法は、身体に優しく触れたり軽く動かしたり、氣の流れを整えたりして脳(下垂体)にあんしんできる信号を送りホルモンバランスを整える優しい療法です。

脳はあんしんできる信号を受けると、身体の緊張を解くので、ホルモンバランスの乱れが改善できると考えられます。

事実、たくさんの更年期障害の症状を、軽減させてきた実績があります。元々人間には、身体を治す力が備わっており、あんしん療法はそのお手伝いをおこなっているにすぎません。

身体や心の症状は、必ず改善されます。自分自身の治す力を信じましょう。イライラや頭痛などの不快な更年期障害の症状を改善して、毎日笑顔で健康な生活を送りましょう。