浜松の整体。肩こり、頭痛、腰痛、成長痛、スポーツ障害など痛みを取り除く浜松のあんしん整体。

メールでのお問い合わせ

  • HOME
  • オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病

イラスト医師やトレーナーからいわれて“オスグッド病”という言葉をはじめて聞いたという人がほとんどではないでしょうか。
オスグッド病とはどんな症状なのでしょう?
何が原因でオスグッド病になるのでしょう?
そして、なってしまった場合どういう対策をすればいいのでしょう?


以前は成長痛と呼ばれていましたが、現在はオスグッドシュラッター病という正式名称で呼ばれています。
オスグッド・シュラッター病という名称は人の名前から来ています。
ロバート・ベイリーオスグッド、カール・シュラッターという2名の医師の名前から取られた名称です。
一般的には、短縮して“オスグッド病”といわれています。
(俗称として“オスグット病”といわれることもあります)
ただし、“~病”と呼ばれることで病気のように考えられていますが、病気ではありません。


疲労による筋肉の硬縮が膝関節の関係異状を引き起し、膝の関節にズレが起こると、屈伸で膝の脛骨粗面付近に痛みを生じます。
これが、さらに進行して悪化すると、粗面に当る部分の靱帯・筋肉が縦に裂けます。
この痛みが二次的痛みであり、関節が正常になっても残ることがあります。


■もっと詳しく!



オスグッド・シュラッター病


オスグッド・シュラッター病

症状:オスグッド・シュラッター病(13歳・サッカー部中学男子)

イラスト整形外科でオスグッド病と診断された。膝がかなり痛くて曲げることができない。

【経過】1回の施術で痛さが激減し膝が曲がるようになり、驚くことに正座ができるようになって帰宅した。3回の施術で通院は完了しました。


症状:オスグッド・シュラッター病(15歳・女子バレー選手)

バレーを小学校から続けているが、膝の痛みがひどくなり、 どうしても試合に出たいので来院。

【経過】膝周辺の緊張と体全体の緊張を緩めてもらう。痛みはなくなり試合にも出ることができ、活躍できた。再発防止の為の自己療法も指導してもらいました。



お問い合わせフォーム

あんしん堂

〒432-8021
静岡県浜松市中区佐鳴台3-33-20
info@nag-a.jp
TEL/FAX 053-448-3001

診療時間

診療時間

休診日 / 木・日

※ セミナーや講演等で振り替えで木曜日休診を
他の曜日と変更することがあります。
完全予約制 電話にてご予約ください
靴下とタオル、柔らかいズボンをお持ちください。

Copyright (c) ansindo All rights reserved.