受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

確実に夢や願いが叶う本当のアファメーションの方法

人は誰でも「歌手になりたい」「美人になりたい」「天才になりたい」「金持ちになりたい」「健康になりたい」などと夢を持っています。

しかし、実際に夢を叶えられる人はごくわずかです。逆に、夢を叶えた人もいることは確かです。夢を叶える方法の一つに「アファメーション(affirmation)」という方法があります。

アファメーションの意味は、「宣言」「肯定」「確定」「断定」などの意味があります。

脳科学や心理学などの学問や多くの自己啓発などのセミナーでは、アファメーションをもう少し深い意味合いで使用したり実践したりしています。

アファメーションは、自分自身に対して「私はすごい人だ」「私は何でもできる」「私はいつもついている」「私は幸せです」などの文章を使用しておこないます。

アファメーションの本当の意味は、「自分自身を肯定するために宣言する」ことです。

実際に、アファメーションを正しくおこなうことができると、仕事や恋愛、友人関係、勉強など、あらゆる分野で成功していることが報告されています。

私は、経営者や起業家、スポーツ選手や監督、公務員などの人にコーチングをおこなうと同時にアファメーション法の指導をおこない、それぞれが素晴らしい実績や成功を収めています。

夢を叶えることができる人と、叶えられない人の差には、一体なにが違うのでしょうか。今回は、確実に夢や願いが叶う本当のアファメーションの方法について解説します。

アファメーションとは

アファメーション(affirmation)とは、自分自身に対しておこなう「肯定的な自己宣言」のことです。

何かの夢を叶えたり成功を実現化したりするために、自分にポジティブな言葉を語りかけて自分を変える方法がアファメーションです。

例えば、「私は○○できる」「私は健康だ」「私は楽しい」「私はついている」など、肯定的な自己宣言をすることです。

アファメーションの具体的な方法は、これらの言葉を実際に口に出して言い続けたり、心の中でつぶやいたり、ノートに書いたりするのです。

もう少し詳しく説明すると、自分自身に対して肯定的な自己宣言をおこない潜在意識に働きかけて「夢や願いを実現化する」ことです。

アファメーションのポイントは、「間違いなく自分はそうなっている(願いが叶っている)」と潜在意識に認識させることです。

あるアメリカの心理学者による研究では、私たち人間は1日に約6万回物事を考えていると報告しています。

その内の約80%にあたる約4万5千回は、常にネガティブなことを考えているといいます。

こうしたネガティブ思考は、古くは原始時代に形成されたといわれています。この時代、人間はとても厳しい弱肉強食の時代を生き残るために、作られた思考がネガティブ思考です。

ネガティブ思考が作られなければ、当時の過酷な環境の中で人間が生き延びることはできませんでした。

原始時代に作られた人間のネガティブ思考が、今でも脈々と遺伝子に書き込まれて、生きるための必要な記憶として現代人に受け継がれているのです。

しかし、現代社会の中で生きていくときに、あまりにネガティブな思考状態が続くと物事をうまく進めることができません。

これは、自律神経の交感神経が優位になって身体が緊張するためで、身体や心が緊張した状態では、物事を上手く進めることができないのです。

そのため、いくら自分の願いや夢を叶えたいと思っていても、なかなか叶えることができないのです。

このネガティブ思考を変える方法「アファメーション」です。

アファメーションは、ポジティブな言葉を毎日口に出していったり、いつも心の中でつぶやいたりすることにより、心や身体の緊張状態が解けて副交感神経が優位になります。

この行動が潜在意識に伝わり、自分の願いや夢を叶えるために「何をすればいいのか」気付くことが可能になります。

自分が何をすれば良いのか気付きを得て、実際にその行動を起こすことにより願いや夢が叶い、自分の人生が変わっていきます。

アファメーションをおこなうメリット

アファメーションをおこなうと、どのようなメリットが得られるのでしょうか。前述したとおり、私たちは常にネガティブなことばかり考えているといわれています。

しかし、アファメーションを日々おこなうことにより、ネガティブ思考がプラス思考へと変化するので、仕事や勉強、スポーツなど何事にも前向きに取り組むことができるようになります。

例えば、ダイエットを例にして、アファメーションによるメリットを考えてみましょう。

ダイエットは、摂取カロリーを制限したりジョギングなどの運動でカロリーを消費したりしなければ成功しません。

今までたくさん美味しいものを食べていた人が急に食べ物を減らしたり、きつい運動をおこなったりすることはとても大変なものです。

「大変や嫌」だと思う気持ちが心の中に起こると、自律神経の交感神経が優位になり身体が緊張してしまいます。

緊張した身体と心の状態では何をやっても上手くいかず、折角気付ける自分の夢や願いを実現化することも気付くことはできません。

それどころか、「自分はダイエットができない」という何らかの逃げる理由を探して、ダイエットを回避しようとしてしまいます。

正しくアファメーションをおこなうことができれば、副交感神経が優位になり、必ずダイエットを成功させることが可能になります。

アファメーションを正しくおこなうと、ダイエットするための自分のゴール」を設定することが可能になり、後はゴールを達成するためにどうすればいいか気付くだけになります。

ゴール設定ができれば、あとは成功した自分(ダイエットに成功した抜群のプロポーションの自分)をイメージ・宣言するだけです。

それにより、カロリーを抑えた食事を摂取したり、辛いジョギングをおこなったりすることも楽にこなせるようになります。

つまり、アファメーションとは、ネガティブ思考をポジティブ思考に変えることができるテクニックなのです。

アファメーションにより夢を実現した参考例

多くの人が、「自分にはできない」「私には無理」「そんな言葉だけではできない」と思っているのではないでしょうか。

しかし、実際にアファメーションをおこない成功した有名人は数多くいます。例えば、アメリカのメジャーリーグで長きにわたり打撃のトップを走り続けているイチロー選手です。

イチロー選手は、小さな頃から学校の卒業文集などで、アファメーションによる宣言をおこなっていました。

彼が書いた卒業文集には、「必ずプロの選手になれる」「契約金は1億円以上」などと、具体的に「自分がどうなっているか?」書いてアファメーションをおこなっていたのです。

実際に彼が卒業文集に書いた球団は、中日ドラゴンズか西武ライオンズでした。

実際に入団した球団はオリックスでしたが、それ以外の彼の活躍は日本でも世界でも知れ渡るところであり、アファメーションが成功したといえるでしょう。

サッカー日本代表の本田圭祐選手も、小さな頃にアファメーションをおこなっていました。

本田選手が書いた卒業文集は、「外国から呼ばれてセリエAに入団」「10番で活躍」「給料は40億欲しい」などと具体的な内容を記述してアファメーションしていました。

そして、その全ての目標を達成して世界で大活躍しています。アファメーションをおこなって成功した有名人は、スポーツ選手だけではありません。

例えば、モデルで有名なオーストラリア出身のミランダ・カーさんも、アファメーションや瞑想をおこない世界のモデルや女優として活躍しているひとりです。

彼女はもちろん外見も綺麗ですが、それ以上に心を磨くことを日頃から心掛けているそうです。

彼女は、「瞑想(メディテーション、Meditation)をおこなうことで、イライラや緊張、不安が軽減されてナチュラルな自分でいられるようになる」といいます。

彼女は具体的に「毎日ポジティブな言葉を唱えて、その言葉どおりになりきること」をイメージして、アファメーションをおこなっているそうです。

(参考 毎日唱えることが大事。ミランダ・カーが輝く理由 – 「生き方キレイ」)

ミランダ・カーは世界的に有名なモデルですが、日本のモデルでもアファメーションを実践して成功しているのが道端ジェシカさんです。

彼女は、モデルや女優の仕事だけでなく、プライベートでもF1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンと結婚して世界的にも有名になりました。

彼女は、成功する以前からスピリチュアルや引き寄せの法則などに深く興味を抱いていたそうです。

道端ジェシカさんはモデルの仕事以外にも、有名なスピリチュアルの権威であるルイーズ・ヘイ氏の翻訳も担当しています。彼女の記事を参考したい人は下記のブログを見てみましょう。

 

道端ジェシカブログ http://ameblo.jp/jessica-michibata

 

彼女は熱心な勉強家で、多くのスピリチュアルや引き寄せの法則、潜在意識に関する本を読んで勉強し、それぞれの本で学んだアファメーション方法を実践していったのです。

実際に、アファメーションを実践して成功した報道などで見られる彼女の姿は、彼女の仕事やプライベートが充実している証拠でありその結果なのです。

実話として、彼女が映画に出演することを決めて(思いや願い)からアファメーションを実践したところ、本当に映画に出演したことはとても有名な話しです。

道端ジェシカさんやミランダ・カーさんがTVやメディアなどで活躍している姿を見ると、たくさんの女性が感銘を受けるのも当然といえるでしょう。

アファメーションの基本的ルール(アファーム、肯定的な言葉)

私のコーチングの恩師である機能脳科学者の苫米地英人博士は、アファメーションの基本的ルールについて下記のように述べられています。

 

・一陣症で肯定的な表現

 「私は〇〇を達成している」という表現、すでに達成している

・現在進行形の表現(未来形ではない)

 今の現状との比較ギャップが大きなエネルギーを生み出す

・他人と比較しない

 あの人のようになりたいは× あの人より上(超えた)の存在になる

 〇〇会社の社長より上の存在になる

・「動」を表す言葉を入れる 

 ダイナミックな動きを表すアクティブな言葉を入れる

・情動の言葉を入れる

 感情のこもった言葉を入れる

・秘密にする

 人に言わない ドリームキラーが邪魔をする(家族や先生、友人など)

 

また、苫米地英人博士のコーチングの師匠であるルータイス氏は、自分で下記のようにアファメーションをおこなっていました。

ルータイスのアファメーション例

・私は無条件で温かい尊敬の念を全ての人に対して持っている

・心からの感謝の念を日々周囲に伝えている

・優しい心で満たされた心豊かな毎日が心地よい

・私はいつでも人々の良いところをみつけ褒め称えている

・私自身の良いところも日々新たに見つかり毎日が新鮮で清々しい

アファメーションの基本的ルールを守り、ルータイス氏のアファメーション例を参考にして、自分で正しいアファメーションを実践してみましょう。

正しいアファメーション

一言で「アファメーションする」といっても、ちゃんとした正しい方法があります。

実際に正しいアファメーションをできるかどうかで、自分の願いや夢を掴むことができるかどうかが決まります。

アファメーションをおこなうときに、あまりに現実とかけ離れた願望で「自分には無理かも」と無意識に感じる願いは向いていません。

ただし、脳科学の苫米地英人博士は「ゴール設定はゴールの外に作りなさい」といいます。

例えば、「会社で昇進して課長になるぞ」ではなく、「会社で昇進して部長になっている」とゴールの外にゴール設定します。すると、案外簡単に課長になることができます。

正しいアファメーションの方法について考例を挙げます。例えば、仕事で悩みを抱えている人がおこなう簡単なアファメーションの方法です。

 

・私は、毎日素晴らしい仕事をおこなっています

・私は、毎日楽しく仕事をおこなっています

・私は、毎日職場の人と仲良く仕事しています

 

アファメーションをおこなう上で重要なことは、自分がポジティブになれるイメージをしっかり連想できる言葉を使用することです。

最初は、なかなかなれないと思いますので、このような簡単な例から、少しずつゴール設定の基準を上げていくのです。それでは逆に、悪いアファメーションの例を挙げてみましょう。

 

・私は、たとえ自分に合っていない仕事でもがんばります

・私は、どんなに厳しく辛いことがあっても耐えていきます

・私は、たとえきつい仕事でもがんばります

 

このような言葉(たとえ~でもなど)を使用したアファメーションの方法は、脳や潜在意識に対して、ネガティブ思考を深く植え付けてしまいます。

そのため、どんどん自分を悪い方向へと追い込んでいき、最後には仕事がすごく嫌になって辞めてしまうことも考えられます。

前述したとおり、人間は毎日のようにネガティブなことを考え、ネガティブな発想をすることが多いのです。

私たち人間は、「私はできない」「私には運がない」「私はダメだ」など日常的にネガティブで否定的言葉を使用していると、本当にそのとおりになっていきます。

アファメーションは、やり方によっては、マイナスの方向にも作用してしまいます。

あなたが本当に自分の願いや夢を叶えるためには、ポジティブで正しいアファメーションの方法をおこなうことが重要です。

下記に、仕事以外のさまざまなアファメーション例を記述します。

アファメーションをおこなうには、著名人で成功した例のように、具体的な数値や例(年収や成功している自分像など)を文章に入れるとさらに効果を発揮します。

肯定的な表現で何か自分が具体的に成功しているキーワードや願い、祈り、誓い、夢などを入れてアファメーションをおこない、自分に都合の良いように自己洗脳しましょう。

アファメーションで本当に大切なことは、脳にしっかりと正しい情報を記憶させて、潜在意識に自分の願望を送ることです。

 

・私は、とても価値のある人間です

・私は、とても愛されています

・私は、経済的に豊かになっています

・私は、毎日とても幸せです

・私は、毎日楽しいです

・私は、とても輝いています

・私は、今日も元気で健康です

・私は、毎日ワクワクしています

・私は毎日、とても気持ちよく目覚めています

・今日は、私に何かとても良いことが起こる日です

・私は、毎日仕事がうまくいっています

・私は、何もかもうまくいっています(具体例を出してもいい)

・私は、全ての物事に感謝しています。ありがとう

・(自分や友人、恋人、家族、親に対して)ありがとうございます

 

これらの文例をさらに自分なりに装飾を加えて、より具体的で違和感や抵抗がないアファメーションの文章に変えてみましょう。

例えば、「私は金持ちです」というアファメーションを、「私は10億円持っていて、別荘やヨットを持って毎日優雅に暮らしています」とより具体化してアファメーションをおこないます。

そして、その中からさらに自分に合ったアファメーションを実行しましょう。必ず、あなたは願いや夢が叶うはずです。

アファメーションのポイント

正しいアファメーションの方法とは、すでに自分の「夢が実現化している」とイメージ・宣言して、その状態を何度も口に出して言ったり心の中で唱えたり紙に書いたりすることがポイントです。

また、鏡に映っている自分をみながら、自分に対してアファメーションをおこなうことも有効な方法です。

アファメーションをおこなうときには、現在進行形の形でポジティブな言葉を口にしましょう。

例えば、「私は、すでに○○しています」のような形(自分の願いが叶った状態で進行している)でアファメーションします。

前述したように、「私はすでに、10億円持っていて別荘やヨットを持って優雅に暮らしています」と具体的な表現にすると、さらに効果絶大です。

どうしても(恥ずかしなどで)断言することに抵抗を感じる人は、最初の段階では「私は、○○しつつあります」「○○になっている状態が続いています」でも構いません。

最初は、自分に違和感がない程度で、自分に合ったアファメーションをおこないましょう。

例えば、「私は、お金持ちになりつつあります」「私は、お金持ちになっている状態が続いています」という感じです。

だんだんとアファメーションに慣れてきたら、現在進行形のアファメーションの形に戻して、自分がそのように(願望が達成している状態)なっている形でアファメーションをおこないましょう。

アファメーションをおこなう回数や時間帯は、特に決まっていません。

むしろ、毎日時間が空いているときや時間を決めて、何度でも繰り返してポジティブアファメーションをおこなうことがポイントです。

アファメーションで、何度も自分(脳)にいい聞かせることにより、自分に対してポジティブな「自己洗脳」が入ります。

すると、夢が実現化している状態が当たり前になってくるので、違和感なくあなたの夢や願いが実現化します。

最初は、成功している言葉を言うことが照れくさかったり、今の自分と違ったりして抵抗があったりするかもしれません。

しかし、何度も当たり前のようにアファメーションをおこなっていると、成功した自分が当たり前になるため違和感もまったく出てこなくなるのです。

アファメーションの最大のポイントは、「本当に自分が心から思っている願い」についてアファメーションすることです。

自分が心にも思ってもいないことをアファメーションしても、ピントがずれているため自分の行動や人生に変化が起こることはありません。

例えば、自分が総理大臣になりたいと本当に心で思っていない人が、「私は総理大臣になっている」といくらアファメーションしても総理大臣にはなれません。

アファメーションは、本当に自分の心から思う願いに対して、リアルにアファメーションをおこなうことで夢が実現化するのです。

コーチングの創始者といわれるルー・タイス氏は、「変わることを自分に強いることはやめましょう。」といいます。

さらに、「自分が本当にそう望んでいないかぎり、無理に成長させようとしてはいけません」と述べられています。

自分が、本当の意味で自分らしく生きるためだけに、アファメーションの方法が有効になります。

心理学者で哲学者のウイリアム・ジェームズやウエイン・W・ダイアーはいいます。

 

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」

 

この言葉は、アファメーションをおこない行動することで、自分の人生が変わることを如実に表しています。

アファメーションは有効な自己洗脳法

「洗脳(brainwashing)」とは、私たちがそれぞれ抱く主義や思想を、強制力を用いて根本的に改造するという意味です。

日本語の洗脳は、英語の「brainwashing」を直訳したものです。英語の「brainwashing」は、中国語の「洗脳」の直訳です。

洗脳という言葉は、アメリカCIA(中央情報局、Central Intelligence Agency)が、朝鮮戦争の捕虜収容所でおこなわれた思想改造の方法について報告書を提出したことがきっかけで作られた言葉です。

この当時、中国で収容されたアメリカ人兵士の捕虜が、収容所で洗脳されて共産主義を信奉するようになったことから生まれた言葉です。

こうした経緯があることから、洗脳というとなんとなく聞こえが悪く感じます。

しかし、悪い状態(状況)の自分から、良い状態の自分に変わることができる洗脳なら素晴らしい方法だといえるでしょう。

アファメーションにより、自分を良い方向へ向かわせる洗脳方法のことを「自己洗脳」といいます。

自己洗脳とは、脳科学には自分自身(脳)に暗示(言葉を唱えたり紙に書いたりすること)をかけて、脳のプログラム(情報)を書き換える作業をおこなうことです。

今現在の自分とは、良くも悪くも望んでいなくても、自分が今まで育ってきた環境の中で作られた自分です。

例えば、親や先生、友人などにより無意識の領域で培われてきた思考や主義、思想などが自然に脳にインプットされています。

たとえそれが、本来の自分の有るべき姿とは違うと思っていたとしてもです。その無意識に作られた自分を、私たちはなかなか変えることができません。

しかし、アファメーションという自己洗脳法をおこなうことにより、自分を変えることは可能です。

洗脳とは少し違いますが、二重人格や多重人格者の人の人格が変わると、形相や体格、口調、アザが浮き出るなどの心や身体の変化がみられることがあります。

また、薬の治験でただのビタミン剤を「すごく効く薬」と聴かされてビタミン剤を飲むと、すごく効き目が出ることがあります。

逆に、身体に悪い物質を含む毒薬を「身体にいい薬」と飲まされても、悪い反応が出なかったという研究報告もあります。

つまり、洗脳や思いこみにはとても強い力があり、私たちの心や身体に強烈に作用するということです。

自己洗脳や何かの思いこみに使用する言葉にも、同じように強い力があります。また、言葉の言い方を少し変えるだけでも、全く違った方向(良い方向へも悪い方向へも)へ進みます。

下記のURLは、ユーチューブで流されている言葉の力の凄さを理解できる動画です。

この動画は、サングラスを掛けた女性が、盲目の男性が段ボールに書いた文字を少し変えただけで、カンパがどんどん集まるというものです。

この1分47秒という短い動画の映像には、夢を実現させるヒントが隠されています。参考にするといいでしょう。

 

 

この動画は、2000万回以上再生されているそうです。

女性は、「私は盲目です。助けてください。」という文章を「こんなにも素晴らしい日を、私は見ることが出来ません(It’s a beautiful day and I can’t see it.)」という文章に変えました。

少し文字を変えただけでも、人々の心に強烈に作用して、たくさんの人々からカンパが集まるなどの状況変化が生まれるのです。下記の動画も同じように変化が起こります。

 

 

まとめ

有効な言葉を口にすることは脳や潜在意識、そして自分にも他人にも影響を与え、自分の夢や願望を実現化するためにとても役に立ちます。

一見、同じことをしているように見えても少し違った言葉や方法により、結果はまったく違うものになってきます。

結果が上手くいかないことが続くと、人々は知らず知らずのうちに「否定形の言葉」を使うようになります。

例えば、「私にはできない」「私はダメだ」「私はバカだ」「私には運がない」などのような言葉を多く使ってしまうのです。

こうした言葉は、間違ったアファメーションとして自分自身にすり込まれてしてしまい、そうなりたくなくても否定したとおりの自分になってしまうのです。

アファメーションで大切なことは、自分を肯定する言葉を常に使用してアファメーションをおこなうことです。

成功している人に共通していることは、必ず自分を肯定している言葉を使用して、アファメーションをおこなっていることです。

成功している人が、「私はアファメーションをおこなっていない」と思っていたとしても、同じようなことを無意識の領域でおこなっていると考えられます。

こうした正しいアファメーションで脳や潜在意識へ働きかけることにより、夢を掴んだり何かで成功したりすることが可能になるのです。

大切なことは、自分を否定せずに自分のことを心から信じて、正しいアファメーションを常におこない物事に取り組むことです。

自分でおこなうアファメーションは、費用が全くかかりません。すべて無料です。アファメーションを、やるかやらないかだけで、自分の人生や結果が全く変わってきます。

また、アファメーションをおこなっても、すぐに結果が出る人と出ない人がいます。

それは長い間、否定的に物事を考えてきた人はその状態が深く脳に記憶されているため、アファメーションをおこなっても成功までに少し時間がかかります。

しかし、諦めずにアファメーションを実行していくことにより、どのような人でも必ず夢は実現化します。

時間がかかっても、必ず成功すると自分を信じて自分に合ったアファメーションおこない、夢や願望をを実現しましょう。