受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

歩くと痛む変形性膝関節症の原因と治療法

スポーツや仕事、老化などで、膝を痛める方も多いと思います。膝が痛む疾患の一つに「変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)」があります。

一般的名称では、膝関節症と呼ぶことが多いようです。変形性膝関節症で膝が痛む原因は、膝関節の軟骨がすり減ったり、膝の筋力や筋肉が低下して膝が変形したりするために痛みが生じます。

その他に、変形性膝関節症が起こる原因は、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、歩くと痛む変形性膝関節症の原因と治療法について解説します。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の原因は、さまざまなものがあります。前述したとおり、膝関節の軟骨がすり減ったり、膝の筋力や筋肉が低下して膝が変形したりするために痛みが生じたりします。

他にも、加齢や肥満、スポーツ、仕事などで膝関節を使いすぎて疲労するなどの原因があります。さらに、50歳以上の女性にも多い疾患が、変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は、症状に合わせて「初期症状」「中期症状」「末期症状」の3段階に分かれます。下記に変形性膝関節症のそれぞれの症状について記述しました。

変形性膝関節症の初期症状

変形性膝関節症の初期症状は、朝起きて歩き始めると「膝の違和感」を感じることがあるようです。

また、膝の違和感以外にも、張りを感じることもありますが、さほど症状的にはひどくないため、そのまま放置することが多いようです。それにより、膝の変形などが進行して痛みが生じるようになります。

変形性膝関節症の中期症状

変形性膝関節症の中期症状は、初期症状を放置したために症状が進行して、膝の違和感や張りから「膝の痛み」に変化していきます。

膝の痛みも、歩くときに痛みが出たり正座すると痛みが出たりするなど、だんだんと膝の痛みで正座ができなくなります。

さらに症状が進行すると、膝関節の完全な曲げ伸ばし(屈曲・伸展動作)ができなくなります。

その後、膝関節に熱感を伴い、炎症を起こしたり腫れたりした症状が起こります。この状態になってくると、大腿骨や脛骨の骨頭の軟骨がかなりすり減った状態になっています。

このため、膝の痛みがひどくなり、歩き方も不自然となって膝関節の変形が起こります。

軟骨のすり減りが大きくなると、大腿骨や脛骨の骨まで欠けたりするため、骨片が膝関節周囲の組織を刺激して痛みがさらに強くなります。

中期症状で悪化すると、「関節水症(かんせつすいしょう)」といって膝に水が溜まったり、膝の関節を動かしたときにギシギシ音が鳴ったりします。

関節水症は、別名「関節水腫(かんせつすいしゅ)」ともいいます。関節水症は、膝関節の変形などにより、関節内の滑液(かつえき、関節液)が異常に増える疾患です。

膝関節が変形すると炎症が起こるため、滑膜を刺激して滑液が過剰分泌されることが考えられます。

変形性膝関節症の末期症状

変形性膝関節症で末期症状になると、膝関節の変形がかなり進み、曲げ伸ばし(屈曲・伸展)の動作だけでなく、そのままの静止状態でも膝関節が痛みます。

そのため、普段おこなう家事や仕事など、日常生活にまで支障が出てきます。

膝の痛みにより、動いたりすることが大変になるため、ストレスも溜まり自律神経失調症やうつ病などの疾患を併発する人もいます。さらに、変形性膝関節症により認知症が起こることもあります。

加齢と共に膝を痛めることが多くなるため、変形性膝関節症は老化現象の一つともいえます。

変形性膝関節症の特徴と原因

変形性膝関節症の特徴には、さまざまな症状が挙げられます。変形性膝関節症の特徴について下記に記述します。もし、これらの症状が当てはまる場合には、変形性膝関節症の疑いがあるため注意が必要です。

 

・膝が腫れて熱感がある

・膝がブヨブヨして水が溜まっている感じがする

・膝の曲げ伸ばしが最大限できない

・立ったり座ったりするときに膝が痛む

・朝起きたときに膝に痛みを感じる

・膝関節を動かすとギシギシ音が鳴る

・階段や坂道、登山などで歩くと膝が痛む

 

これらの特徴に当てはまる場合には、変形性膝関節症の疑いがあると考えられます。

変形性膝関節症による症状は、大腿骨や脛骨の骨頭の軟骨が削れて異常を起こしたり、膝関節が変形を起こしたりすることもあります。

仕事やスポーツ、普段の姿勢、加齢など、何らかの原因により、膝関節の隙間が狭くなることにより、軟骨が削れて薄くなるのです。

軟骨が薄くなると膝関節を形成する骨にまで影響を起こし、骨の一部も削れてギザギザした状態になります。

この症状を「骨棘形成(こつきょくけいせい)」といいます。これにより、骨棘が靱帯や筋肉などの組織を刺激して、膝に強い痛みが生じます。

骨の一部が欠ける疾患を「関節ねずみ」といいます。骨棘とともに、欠けた骨も靱帯や筋肉組織を刺激して痛みが生じます。

欠けた骨以外にも、軟骨が剥離して起こる「軟骨カス」が膝関節付近の組織を刺激して痛みが生じます。

変形性膝関節症の主な原因は、加齢や仕事、スポーツなどで起こる膝関節への負担です。歳を重ねることにより、膝関節周囲の筋肉や筋力が衰えてきます。

そのため、膝関節が体重を支えることがきつくなってきます。また、膝関節に負担の掛かる仕事やスポーツを常におこなうことにより、膝関節に疲労が蓄積されてきます。

すると、膝関節の損傷が自然に回復することが困難になり、膝関節の骨や軟骨組織が劣化するなどしてすり減るため、痛みが生じます。

変形性膝関節症の分類

変形性膝関節症は、大きく「一次性」「二次性」に分類します。実は、変形性膝関節症は原因を特定できるものと特定できないものに分かれるため、2つに分類されます。

「一次性変形性膝関節症」は、明確な原因を特定できないものです。逆に、「二次性変形性膝関節症」は原因を特定できるものです。

下記に、「一次性」「二次性」の変形性膝関節症の原因について記述しました。

 

一次性変形性膝関節症の原因

・加齢

・女性

・肥満

・筋肉の衰え

・膝関節の負担がかかるハイヒールなどの靴

・膝関節の負担が大きいスポーツ

・O脚やX脚、扁平足などの足の変形

 

二次性変形性膝関節症の原因

・半月板損傷

・膝関節の靱帯損傷

・膝蓋骨(お皿)の脱臼

・関節リウマチ

・膝関節周囲で起きた骨折

・膝関節を形成する骨の軟骨損傷

変形性膝関節症の検査

変形性膝関節症の検査は、最初に歩き方や静止状態などで、膝関節の視認確認をおこないます。

次に、膝関節の触診や問診などをおこない、痛みの有無や腫れ、水の溜まり具合などを目視で確認します。

これらの検査後、「X線検査(レントゲン検査)」により、膝関節の変形や関節の隙間の狭さなどの確認をおこないます。

これらの検査以外では、「関節液(滑液)検査」がおこなわれることがあります。この検査では、関節液を注射器で抜き取り、関節液の状態を検査して、変形性膝関節症の判定をおこないます。

この検査は、膝関節が炎症を起こしている場合などにおこなわれます。

一般的な変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療は、痛みの軽減や膝関節の曲げ伸ばしを改善させる治療方法をおこないます。他には、変形性膝関節症の症状が悪化しないようにする治療方法もおこなわれます。

治療方法は、変形性膝関節症の症状の進み具合により変わります。治療方法は、薬物療法や温熱療法、運動療法、手術療法、装具療法などがおこなわれます。

薬物療法では、膝関節の炎症を抑えるために「非ステロイド性抗炎症剤」の内服薬や、湿布などの外用薬が処方されます。

痛みを軽減させたり進行を遅らせたりする治療方法では、ステロイド剤やヒアルロン酸などを患部に注射する方法がおこなわれます。

しかし、ステロイド剤を多用すると、副作用で軟骨組織の破壊が進むことがあるので注意が必要です。

変形性膝関節症に対する温熱療法では、ホットパックや赤外線照射などによる方法がおこなわれます。

ただし、膝関節に熱感がある場合には、患部を冷却する必要があります。変形性膝関節症に対する運動療法は、膝関節の血液の流れを良くして、患部の改善を図る方法です。

血液の流れが改善することにより、膝関節に溜まった老廃物が排出され、細胞の活性化や病気の進行を防ぐ作用が高まります。

しかし、痛みを伴うような強い運動療法をおこなうと、逆に変形性膝関節症の症状を進行させてしまうため注意が必要です。

変形性膝関節症が進行して、手術療法がおこなわれることもあります。

変形性膝関節症の手術療法は、膝の変形度にあわせて「高位脛骨骨切り術」「人工関節置換術」「関節鏡視下郭清術(かんせつきょうしかかくせいじゅつ)」などの方法がおこなわれます。

O脚を矯正する場合には、高位脛骨骨切り術がおこなわれます。膝関節の変形が大きく、痛みがひどい場合には、人工膝関節置換術(ATK/UKA)がおこなわれます。

しかし、この手術療法をおこなうと、正座ができなくなるデメリットがあります。関節鏡視下郭清術は、半月板が損傷していたり、膝関節の変形があまり進行していなかったりする場合におこなわれます。

関節鏡視下郭清術の別名は、「デブリードマン術」といいます。この手術では、内視鏡を使用して、すり減った軟骨組織や骨片、カスなどを膝関節から取り除く手術です。

あまりに、膝関節の変形が進行している場合には、この手術をおこなうことはできません。

変形性膝関節症の予防法

変形性膝関節症は、ひどくなる前に予防をおこなうことで、ある程度進行を食い止めることが可能です。

例えば、変形性膝関節症の原因の一つに「肥満」があります。肥満により、膝関節に負担がかかり症状が悪化するので、肥満を解消することは変形性膝関節症の予防になるといえます。

肥満予防は、適切な食事コントロールがポイントです。体重による膝関節の負担度ですが、単純に体重が10キロ減ることにより、歩行時の負担は約30キロ減ることになります。

階段では、さらに膝関節の負担度が減り、約50キロの負担度が減ります。

肥満を解消するだけで、これだけ膝関節に対する負担度が減るので、体重コントロールによる変形性膝関節症の予防法はとても有効な手段といえます。

食生活の改善では、野菜を多く摂取して、炭水化物(糖質)や脂質の多いファーストフードやお菓子などを控えるようにしましょう。

5大栄養素をバランスよく摂取して、体重をコントロールすることが、変形性膝関節症の予防につながります。

また、普段仕事やおしゃれで履いているハイヒールやパンプスなどの靴も、膝関節に影響があるといわれています。

靴は、踵の部分が高くないものや足の形を壊さない運動靴、鼻緒付きのサンダルなどが膝関節の負担が少ないといわれています。靴を見直すだけでも、変形性膝関節症の予防になります。

他には、仕事やスポーツなどで膝関節を酷使した場合には、入浴などで膝関節を温めることも予防につながります。

どの身体の関節にもいえることですが、関節を酷使すると、関節の動きが悪くなり血流も悪くなります。

すると、関節付近に疲労物質が溜まるため、膝関節の回復も悪くなってしまいます。膝関節を温めることにより、血流が改善されて疲労物質も流され、関節の動きも良くなります。

このように、膝関節を温めることも、変形性膝関節症の予防になります。変形性膝関節症の予防には、運動療法もひとつの予防策になります。

なぜなら、足の筋肉や筋力は老化と共に落ちてくるため、自分自身の体重を支えることが困難になってきます。

このため、運動療法も変形性膝関節症の予防になりますが、膝の痛みを伴わないことが前提です。

運動療法では、軽いスクワットをおこなったり椅子に座った状態で足を上げたりするなどの方法で筋力アップを図る方法などが有効になります。

スクワットでは、あまり深く腰を下ろさずに浅く腰を下ろして、できる範囲で10回を3セットくらいおこないましょう。

足を上げる動作運動では、足を伸ばした状態で10秒間止めるようにすると、筋力が付きます。

ただし、どちらの運動も膝が痛くない範囲でおこなうことが条件です。決して、痛みのある状態で運動をおこなってはいけません。

変形性膝関節症の治療

一般的な治療方法について説明させていただきましたが、どの治療方法も完全に痛みが消えるわけではありません。

大切なことは、膝関節に痛みや張りなどの症状を感じたときには、なるべく早く症状を取り除くことが重要です。

「放っておけば良くなるだろう。」と放置しておくことにより、症状が重症化する可能性が高くなります。

あんしん療法の施術は、優しく心地良い施術をおこないます。ボキボキしたり揉んだりすることはしません。

優しく施術することにより、脳にあんしんできる情報が送られます。すると、脳の命令により作られた患部の緊張を緩和させることが可能になります。

人間の脳は、身体に痛みを感じると脳から神経系統に命令が伝わり、患部付近を緊張させて防御します。

この緊張して防御した状態を、優しい施術により脳に緊張を解く情報を伝えることで、脳は緊張を解くため痛みが軽減されるのです。

あんしん療法の施術は、その人の呼吸や氣の流れをみながら軽く触れたりして「脳の内部表現変換」をおこない、身体を健康な状態に戻す療法です。

あんしん療法の施術による改善例を紹介しますので、参考としてください。