受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

野球やテニスなどのスポーツや仕事などで起こる肘関節の痛みの原因と治療法

重いものを持つと肘が痛かったり、缶詰やペットボトルのふたを開けたりするときに、肘の痛みで開けられなかったりしたことはありませんか。

これらの症状は、俗にいう「テニス肘」といわれる症状のことです。正式にはテニス肘のことを「外側上顆炎(がいそくじょうかえん)」といいます。

なにもテニス肘は、テニスをおこなうだけで起こるわけではありません。テニス以外の普段の生活でも、さまざまな原因により肘関節に負担がかかり痛みが生じます。

肘は指と同じように、スポーツや仕事、日常生活などで毎日欠かさず使用する箇所です。そして、指と同じように痛めやすい関節です。

肘を痛める箇所も、肘の内側や外側だったり、肘関節を押して痛かったりさまざまです。スポーツでは、特に野球やゴルフ、テニス、格闘技などで痛めることが多いようです。

さて、肘が痛む原因はどのようなものがあるのでしょうか。また、肘関節を痛めたときに、どのような治療法があるのでしょうか。

今回は、野球やテニスなどのスポーツや仕事、日常生活などで起こる肘関節の痛みの原因と治療法について解説します。

肘関節の仕組み

肘関節は、スポーツや仕事などで痛めやすい箇所ですが、どのような関節の構造になっているのでしょうか。

肘関節の構造は、肩から肘までの骨である上腕骨と、肘から手首までの2本の前腕骨で構成されています。

前腕骨は、親指(母指)側にある三角柱状の橈骨(とうこつ)と、小指側にある尺骨(しゃっこつ)の2本で構成されています。

肘関節の周りには、軟骨や腱、筋肉などが関節をサポートして安全性を保ち、肘関節がスムーズに動くようになっています。

肘の痛みをセルフチェック

テニス肘(上顆炎)による肘関節の痛みには、さまざまなものがあります。下記に、肘の痛みをセルフチェックする項目を記述します。

もし、下記の項目に当てはまるものがあれば、テニス肘(上顆炎)の疑いがあります。自分でセルフチェックしてみましょう。

 

・肘の内側や外側を押すと痛みを感じる

・テニスラケットを振ったときに肘の内側や外側に痛みを感じる

・野球の投球動作で肘の内側や外側に痛みを感じる

・ゴルフのスイング時に肘の内側や外側に痛みを感じる

・何か物を持ち上げるときに肘の内側や外側に痛みを感じる(手のひらが上、下の時)

・手首を手のひら側に動かすときにもう片方の手で抵抗を加えると肘関節に痛みを感じる

・手指を曲げるときにもう片方の手で抵抗を加えると肘関節に痛みを感じる

 

これらの項目のうち、何項目か複合して痛みがあるようなら、テニス肘(上顆炎)の可能性が高まります。

肘の痛みの原因

肘関節の痛みは、前述したように肘関節の内側や外側に痛みを発症します。

それぞれに疾患名がありますが、肘の内側の腱を痛めて炎症や部分断裂などが生じた状態のことを「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」といいます。

反対に、肘の外側の腱を痛めて炎症や部分断裂などが生じた状態を「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」といいます。

どちらの疾患も一般的には、「テニス肘」「ゴルフ肘」「野球肘」などの名称で呼ばれています。

なぜなら、この疾患は、テニスやゴルフ、野球などで痛める場合が多いからです。

しかし、これらのスポーツだけでなく、他のさまざまなスポーツや仕事、家事、日常生活などの作業でも起こる疾患です。

例えば、パソコンやスマホ、家事、重たい物を持つ仕事などに従事することです。

ただし、上腕骨外側上顆炎はテニスのバックハンドのような動作で起こり、上腕内側上顆炎はテニスのフォアハンドの動作で痛みが起こることが多いようです。

野球での投球動作でも、前腕と肘がねじれて肘関節にストレスがかかり、上腕骨外側上顆炎が起こります。

上腕骨外側上顆炎は、テニスのバックハンドや野球の投球動作以外にも、雑巾を絞ったりドアノブを回したり、手の甲を上にして何か物を持ち上げるような動作でも起こります。

上腕骨内側上顆炎も外側上顆炎と同じように、雑巾やドアノブの動作で痛みが生じます。

ただし手の甲を上にして物を持ち上げる動作ではなく、手のひらを上にして物を持ち上げる動作で痛みが生じます。

また、ゴルフでクラブのグリップを強く握ることにより、手関節掌屈筋と肘の腱にストレスが加わり上腕骨内側上顆炎が起こります。

上腕骨外側上顆炎と上腕骨内側上顆炎

上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)は、上腕骨の肘の外側に位置する上顆が、何らかの刺激(スポーツや仕事、家事など)により痛みが生じる疾患です。

前腕には、手首や指を曲げたり伸ばしたりする筋肉があります。

その筋肉のうち、手首や指を伸ばす筋の腱(伸筋腱、しんきんけん)は、上腕骨遠位(遠い箇所)にある外側上顆(がいそくじょうか)に付着しています。

また、手首や指を曲げる筋の腱(屈筋腱、くっきんけん)は外側上顆の反対の内側上顆(ないそくじょうか)」に付着しています。

このように、手首には腱がそれぞれ付着しているため、手首を使うスポーツや仕事などで過度に手首に負荷がかかることが原因となって痛みが生じます。

例えば、テニスやゴルフ、野球などのスポーツは、手首のスナップを効かせて球を打ちます。家事でも、雑巾を絞ったときや瓶のふたを開ける動作のときに手首を返します。

これらの動作を長時間おこなうことにより、外側上顆に過度の負担が掛かるために肘に痛みや張りなどが生じます。

それぞれの腱の付着部である内側や外側の上顆が、スポーツや仕事などで慢性的に引っ張られることにより、腱や骨膜などに損傷や炎症が生じて痛みが起こります。

肘の痛みは外側が痛む場合と、内側が痛む場合で大きく種類が分けられます。

まず、肘の内側で炎症・部分断裂などを起こした「上腕骨内側上顆炎」のことを、一般的に「野球肘」「ゴルフ肘」「テニス肘」と呼んでいます。

名前の由来としてその名の通り、症状を起こすのが野球、ゴルフ、テニスなどが原因である場合が多い疾患です。

肘の痛みは家事やパソコン作業などで手の使い過ぎによって発生することも多く、これら日常生活で起きた肘の痛みの名称でも、これらの名称を使用することがあります。

近年では、スマホのしすぎで指や肘が痛くなることもあるため、「スマホ指」「スマホ肘」などの一般的な言葉ができるかもしれません。いずれにしても、肘の使い過ぎに注意しましょう。

テニス肘(上顆炎)を自分でできる自己診断法(テスト)

テニス肘(上顆炎)の有無は、自分でテストをおこなうことができます。これらのテストをおこない肘関節に痛みが出るようなら、テニス肘(上顆炎)の可能性が高いといえます。

下記に、テニス肘(上顆炎)のテスト(自己診断方法、主に外側上顆炎について)についてまとめました。

チェア(Chair)テスト

文字どおりチェア(Chair)テストは、椅子を持ち上げるテストです。ただしこのテストは、肘を伸ばした状態で椅子を持ち上げます。

椅子を持ち上げたときに、肘の外側に痛みが生じれば、上腕骨外側上顆炎と診断できます。

中指進展テスト

最初に、痛い方の腕と中指を伸ばします。その中指を、反対の手で上から下に中指を押さえます。

もし、下に押さえたときに肘の外側に痛みが生じれば、上腕骨外側上顆炎と診断できます。

トムセン(Thomsen)テスト

トムセンテスト(Thomsen)は、最初に肘と手首を伸ばします。次に痛む方の掌を、握りこぶしを作ります。

反対の手(痛くない方)で、握りこぶしを下に押し下げるように力(抵抗)を加えます。

その状態で、痛い方の手首を反らせたときに肘の外側に強い痛みが生じれば、上腕骨外側上顆炎と診断できます。

前述したように、外側上顆に手首を返す筋肉が付着しているため、手首を返すことで痛みが生じることを感じるのです。

テニス肘(上腕骨内側・外側上顆炎)の一般的治療法

テニス肘(上腕骨内側・外側上顆炎)の一般的治療法は、保存療法を主におこなわれています。

保存療法による治療法はさまざまですが、例えば手首を甲側や手のひら側に曲げて肘関節に痛みが生じる状態を一切おこなわないようにします。

他にも手首から肘まで、上腕骨の外側上顆と内側上顆のストレッチを入念におこなうことにより、肘関節の痛みが改善する傾向があります。

この方法は、腕を伸ばした状態で、もう片方の手で手首を下(掌側)に返します。

このストレッチを10秒間3セットまでおこないます。ただし、痛くない範囲でおこないます。決して、痛いことをおこなってはいけません。

必ず、無理のない状態でストレッチをおこないましょう。また、掌や指も同じように、ストレッチをおこないましょう。

掌や指は、下側だけでなく上側に反らしてストレッチをおこなっても構いません。

このストレッチの他にも、外側上顆に、エルボーバンドを装着する保存療法もあります。

この方法をおこなうと、手首を使う作業をおこなっても、あまり外側上顆に負荷がかかりません。おおよそ、1ヶ月くらいで痛みが改善するといわれています。

これらの保存療法で改善がみられない場合には、湿布や外用薬の使用や痛みのある箇所に局所麻酔やステロイドホルモンの注射、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の使用がおこなわれたりします。

さらに肘関節の痛みに改善がみられない場合には、手術療法がおこなわれます。例えば、筋膜切開術や切除術、肘関節鏡視下手術などです。

このように、上腕骨外側上顆炎は、さまざまな治療方法があります。

スポーツや仕事などで急性に起こった肘関節の痛みに対しては、肘関節に炎症が起きているため患部を冷やすようにしましょう。

逆に、慢性的な肘関節の痛みが生じている場合には前述したようなストレッチをおこない、肘関節を温めるようにしましょう。

一般的治療法でテニス肘(上腕骨内側・外側上顆炎)が治らない理由

通常の病院などでおこなわれる一般的治療法は、前述した保存療法や局所麻酔、ステロイドホルモンの注射などが主におこなわれます。

病院では、レントゲン検査などで異常が無ければ、痛み止めの飲み薬や湿布などを渡されて「様子をみてください」といわれることが多いようです。

テニス肘といっても、テニスをやらない人も同じような症状が起きたり、他のスポーツや仕事などをおこなったりしても同じ症状が生じることがあります。

一般的なテニス肘の解釈や説明などでは、肘関節の「使い過ぎ」によりテニス肘の症状が起こると考えられています。

あんしん療法では、肘関節の使い過ぎだけでなく、肘関節の使い方にも問題があると考えられます。

また、肘の悪い使い方を脳が記憶しているためにテニス肘などの症状が起きるとも考えています。

テニス肘は、肘の内側や外側の腱を痛めて炎症や部分断裂などが生じた状態のことですが、なぜこのようなことが起きるのか考えてみましょう。

例えばテニスをおこなっている人は、集中してテニスラケットを力強く握りしめた状態で、相手とのラリーに備えています。

その状態が長期にわたれば、当然肘関節の筋肉群が疲労を起こして、内側や外側上顆に付着した腱が引っ張られるために関節に炎症が起きて痛みが生じます。

人は集中していると脳の機能上痛みを忘れる(一時的に感じなくなる)ため、テニスが終わったあとに肘関節の痛みに気付きます。

もちろんテニス肘の痛みはテニスだけでなく、ゴルフや野球、他のスポーツや仕事などでも同様に起こります。

また、スポーツ以外にも、書道や料理、家事、仕事、スマホやパソコンのしすぎなどで肘関節に無理な力が加わり続けることにより影響が出ます。

これらのスポーツや仕事などで生じた「テニス肘の痛みに対しておこなわれる一般的治療法」を下記に記述します。

 

・湿布

・痛み止めの飲み薬や注射

・アイシング

・電気治療

・超音波治療

・マッサージ

・筋力トレーニング

 

などが挙げられます。これらの治療法は、あんしん堂へ来院された患者さんから聞いたものです。これらの治療法がすべて悪いわけではありません。

ただし、これらの治療法をおこなっても肘関節の痛みが一向に「良くならない」「痛みが取れない」といって来院される患者さんが多くいます。

前述した治療方法で、多少楽になるという人もいます。しかし、痛み止めの飲み薬の効能が切れると再度痛みが戻ったり、痛みを余計に強く感じたりする人もいます。

もし今おこなわれている治療方法で痛みの改善がみられない場合には、別の治療方法をおこなう必要があるといえます。

痛みが起こる原因がわかっていても、治療方法が間違っていれば痛みが改善することはありません。

テニス肘の痛みが戻る理由

あんしん堂に来院されるテニス肘などの症状や他の症状で来院される患者さんは、「しばらく休んでいて痛みがなかったのでテニス(他のスポーツや仕事も)を再開したら、また痛くなりました」といわれる方も多くいます。

一体なぜ、痛みが再発してしまうのでしょうか。これは、テニス肘の痛みが一時的に感じなくなっただけで、テニス肘が根本的に治ったわけではありません。

この場合、テニス肘などの症状は「使い過ぎ」によることが原因ではなく、テニスをおこなう肘関節や身体の動作の使い方や癖(くせ)、肘関節への力の入れ方などが原因だといえます。

根本的には、脳がこれらの悪い状態を正しいと間違って記憶認識していることでテニス肘などの症状が再発してしまうのです。

根本的に改善しなければならないのは、脳の間違った記憶を変換することです。しばらく休んでいて肘関節が痛くないから、スポーツを再開しても確実に大丈夫だとはいえません。

根本的にテニス肘などの症状を改善する必要があります。

根本的にテニス肘を改善する方法

テニス肘や肘関節の痛みを根本的に改善するには、前述したテニスをおこなう肘関節や身体の動作の使い方や癖(くせ)、肘関節への力の入れ方などの脳の間違った記憶を変換する必要があります。

テニスは、テニスラケットでボールを打ち返すときに、手首のスナップをきかせてボールを打ち返します。

これは当然の動作ですが、問題なのは自分の癖で手首だけきかせたり、肘だけきかせたりしてショットをおこなうと肘関節に影響が出やすくなります。

もちろんテニスだけでなく、ゴルフや野球、仕事や趣味などでも同じことがいえます。

この場合の改善法は、手首や肘だけでなく肩から手首、指まで、また身体全体でボールを打ち返すようにすることです。

また、肩から手首、指まで全体の筋肉に柔軟性があることも重要です。

当然、身体全体(背中や腰、足まですべて)の筋肉にも柔軟性があることが、テニス肘を予防するポイントになります。

つまり、身体のどこの筋肉が硬くてもどこかに不具合が出て、肘関節の痛みなどが生じます。

テニス肘にならないようにするには、念入りに柔軟体操やストレッチなどをおこない、身体全体の柔軟性を保つことが重要です。

あんしん療法では、肘関節だけでなく、身体全体の連動性を取りもどす療法をおこないます。

例えば、頸椎や胸椎に歪みや椎間板の潰れが生じたときに、スポーツなどの動作で首や背骨の動きが頸椎や胸椎に負担がかからないようなスムーズな動作を取り戻すために、正しい身体の動作を脳に再認識させて記憶させます。

正しい身体の状態を脳に記憶させて「身体全体の連動性を取り戻す」ことにより身体全体の動きがスムーズになり、肘関節の状態も連動して安定していきます。

脳科学療法であるあんしん療法による脳の「内部表現変換」をおこない、肘関節だけでなく身体全体の連動性を取り戻して、肘関節の痛みが再発しない正しい動きを記憶させることが、肘関節を改善する大きなポイントになります。

また、テニス肘を早期回復させるための自己療法(セルフケア)を伝授します。

あんしん堂では、施術をおこなうとともに、テニス肘を早期回復させるための自己療法(セルフケア)や普段の生活習慣などの改善法などを具体的にアドバイスさせていただきます。

「あんしん堂」では脳科学療法による身体に優しい施術をおこない、その場で痛みを消失させるだけではありません。

あなたの普段の生活習慣の指導やアドバイス、瞑想法、気功法、呼吸法などを適切に指導するなど、脳科学の視点でテニス肘を早期回復させるための自己療法(セルフケア)を伝授します。

これは肘関節の状態が良くなったのにも関わらず、施術後に再度痛みや不快な症状が肘関節に戻る可能性があるためです。

脳は、常に身体を守るような機能を発揮して身体を守っています。

人は身体の状態が良くなると「まぁこのくらいいいや」と思い、今までおこなってきた肩や肘を動かす運動(テニスやゴルフなどのスポーツなど)を前の状態と同じようにおこなおうとします。

ところがまだ肘関節の状態が完全でないと、脳の身体を守る機能が働いて、肘関節を緊張させます。その結果、痛みが再発してしまうのです。

運動を再開して肘関節に痛みが再発するだけでなく、普段おこなう間違った姿勢の足組や横座りなどの身体を歪ませる姿勢や動き方なども、痛みが再発する原因になります。

足組や横座りなどの姿勢をおこない体幹が崩れると、その影響で肘関節に痛みや不快な症状が戻ってしまうことがあるのです。

よって、あんしん堂では普段の姿勢や動作、練習方法、休息、栄養など、その人に合った効果的なアドバイスを的確におこない肘関節の痛みが再発しないように指導しています。

あんしんして、ご来院ご相談ください。

まとめ

テニス肘(上顆炎)などの症状は、一般的には長い期間肘関節に疲労が溜まったり身体全体の歪みが生じたりすることなどから起こるといわれています。

ただし前述したとおり、肘関節の使い方や身体全体の歪みなどから肘関節を痛めることもあります。

一般的な治療方法をおこなってもテニス肘などの症状が改善しない場合には、治療方法が間違っている可能性が高いといえます。

そうした肘関節の治療方法は、根本的なテニス肘の改善方法ではありません。

根本的に痛みが改善していないのに、我慢してテニスやゴルフなどのスポーツ、仕事などをおこなえば、さらに痛みや不快な症状が増してしまいます。

また、二次的な障害として肘関節だけでなく、手首や肩、指なども痛める可能性が高まります。私たちは、日常生活で毎日のように肘関節を使っています。

私たち人間にとって肘関節はとても大切な関節であり、早いうちにあんしんできる適切な治療方法を受けて、肘関節の痛みを改善することが大切です。

テニス肘などの症状は、ちゃんとした治療方法をおこなえば、確実に完治できる疾患です。

部活に出ないといけなかったり、試合に出ないといけなかったりするなど、自分の立場が肘関節を休める状態でないこともあるでしょう。

しかし一人で悩まずに、まずは当院へご相談ください。必ず、テニス肘などの症状が改善する答えがみつかるはずです。肘関節を早く治して、元気にスポーツを楽しみましょう。

松島 弘之

浜松の整体「あんしん堂」 院長

松島 弘之

独自の「あんしん療法」によって医者、中小企業の代表、トップアスリート、武道家、モデルなど延べ10万人以上もの患者を施術。同時にストレスや悩みなど、様々な患者の相談を耳にする。
平成28年4月よりベトナムの首都ハノイでベトナム最大のホンゴック病院において、「あんしん堂」施術院開業