受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

腰だけでなくお尻や足まで痛くなる坐骨神経痛の原因と治療法

腰痛がひどくなると、お尻や足まで痛くなることがあります。これは単なる腰痛ではなく、「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」が原因かもしれません。

坐骨神経痛は、腰から足にかけて伸びている坐骨神経にさまざまな障害が起こり、圧迫や刺激されることにより生じる疾患です。

坐骨神経痛がひどくなると、足につよい痛みが出るだけでなく、しびれなども生じることがあります。

一般的によく聞く座骨神経痛の痛みやしびれは、お尻から大腿後面(太ももの裏側)や下腿(ふくらはぎ)にかけて起こる症状などです。

一般的にこの症状のことを坐骨神経痛といいますが、この呼び名は病名ではありません。坐骨神経痛とは、「症状」の表現のこと指します。

つまり座骨神経痛とは、坐骨神経が圧迫されて生じる痛みやしびれの総称です。

しかし、どうして腰やお尻、足などに痛みやしびれが生じるのでしょうか?今回は、坐骨神経痛の症状と自分でできる判定や自己療法について解説します。

坐骨神経痛の原因と症状

坐骨神経痛が起こる原因には、さまざまなものがあります。まず、座骨神経について説明します。

坐骨神経は、「腰仙骨神経叢(ようせんこつしんけいそう)」といって、脊髄神経から分岐して骨盤や臀部、大腿、下腿に走る仙骨神経叢と、背中や腹部、鼠径部、大腿、膝などに走る腰神経叢の2つの神経叢内の神経のことを指します。

これらの末梢神経のうち、第4と第5腰神経(L4、L5)と第1から第3仙骨神経(S1,S2,S3)の神経の集まりのことを「坐骨神経」といいます。

多くの坐骨神経痛は、これらの神経が脊椎管内で圧迫されて痛みが生じる疾患です。

坐骨神経痛の症状にはさまざまなものがありますが、代表的なものは腰やお尻、大腿後面(太ももの裏側)、下腿(ふくらはぎ、すね)などに痛みやしびれなどが生じます。

また、これらのどこか1部分だけに、強い痛みやしびれなどを感じたりする場合もあります。坐骨神経痛がひどい状態になると、足全体に激痛やしびれが走ることもあります。

他にも、身体を動かすと痛みが生じて歩行困難になったり、足に力が入らなくなったりするなどの症状が出たりします。

坐骨神経痛は、長時間座っていると腰やお尻、足などに痛みやしびれが強くなることが多いようです。

病気の疾患名で、坐骨神経痛の原因として最も多い疾患が「腰椎椎間板ヘルニア」です。他にも、「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎分離症」「腰椎すべり症」「梨状筋症候群」などがあります。

年齢が若いときには、スポーツなどで無理がたたり腰椎椎間板ヘルニアになることが多いようです。

高齢になると、老化により腰部脊柱管の狭窄が原因となって座骨神経痛が発症することがあります。

いずれにしても、座骨神経が圧迫されて、腰やお尻、足に痛みやしびれなどの症状が生じます。まれに、腫瘍により坐骨神経痛のような症状が生じる場合があります。

また、妊娠中に坐骨神経痛の症状が生じる場合もあります。これは、妊娠中にお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、腰椎や骨盤などに負担がかり神経を圧迫するためです。

また、妊娠中には骨盤が広がり関節が緩くなることで、坐骨神経痛の症状が生じることがあります。

腰部脊柱管狭窄による坐骨神経痛

脊椎(せきつい)とは背骨のことですが、脊椎は私たちの身体を支えるという大きな役割を担っています。

また、身体を支える役割だけでなく、脳から背骨を通る脊髄神経(せきづいしんけい)を守る役割も担っています。

脊髄神経が通る背骨の隙間のことを「脊柱管(せきちゅうかん)」といいます。

腰部脊柱管の狭窄(きょうさく)とは、腰部の脊柱管が何らかの原因により狭くなって神経を圧迫した状態のことです。

この疾患のことを「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」といいます。

腰部脊柱管狭窄症は、中高年(だいたい50代以降)の人に多くみられる疾患です。

なぜなら50代以降になると老化により脊柱管が狭くなるため、脊柱管を通る神経根や馬尾神経を圧迫して、腰やお尻、足などに痛みやしびれなどの症状または麻痺などの症状が生じます。

他にはスネやふくらはぎ、甲、足指などにも痛みやしびれなどの症状や張り、熱感、締め付け感などの症状が生じます。

腰部脊柱管狭窄症の症状がひどくなると、「間欠跛行(かんけつはこう)」といって、腰やお尻、足などの痛みで歩けなくなるなど歩行障害が起こることもあります。

坐骨神経痛の自己判定と検査

前述したように、坐骨神経痛の症状は、お尻から太もも裏側、ふくらはぎ、スネ、甲、足指などに痛みやしびれが生じます。

これらの症状が出ていれば、坐骨神経痛で間違いありませんが、原因となる疾患にはさまざまなものがあります。

長い期間、痛みやしびれなどの症状が続くようであれば、病院で精密な検査をおこなうことを勧めます。

前述したさまざまな病気を特定するためにさまざまな検査をおこないますが、中には判別できないものもあります。

例えば、MRI検査で腰椎椎間板ヘルニアは診断できますが、梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)のような疾患の判別はできません。

なぜなら梨状筋はお尻の筋肉の一つであり、坐骨神経は筋肉の下を通っているため、MRIによる検査では判別できないのです。

梨状筋は、仕事やスポーツなどで腰や骨盤、仙骨、股関節などに負担がかかり、梨状筋により坐骨神経を圧迫して腰に痛みやしびれなどが生じます。

このように「坐骨神経痛」は、さまざまな疾患から症状が起こります。ただし、一概に坐骨神経痛といってもさまざまな原因がありしっかり検査して症状に対処することが重要です。

坐骨神経痛の一般的治療法

坐骨神経痛の一般的治療法は、症状を和らげることから治療をはじめることが多いようです。そのため、坐骨神経痛の最初の治療方法として薬物療法がおこなわれます。

例えば、患部の痛み止め薬として「非ステロイド系の消炎鎮痛剤(NSAIDs)」を主に使用します。

非ステロイド系の消炎鎮痛剤(NSAIDs)は、シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素を抑制する作用があり、痛みの原因である発痛物質の「プロスタグランジン」の生成を抑える役割があります。

この薬剤は幅広く一般的に使用されています。

痛みを和らげる薬剤以外の薬は、しびれや突発的に起こる鋭い痛み(電撃痛)に対して「神経障害性疼痛治療薬(しんけいしょうがいせいとうつうちりょうやく)」が用いられます。

神経障害性疼痛治療薬は、痛みを脳に伝える神経伝達物質が過剰に放出されるのを抑える作用があります。

筋肉の緊張が強い場合には「筋緊張弛緩剤」を使用し、血流を改善して痛みやしびれなどの症状を和らげる場合には「血管拡張薬」などを使用します。

他にもアセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)やステロイド、オピオイド、麻酔薬、鎮痛補助薬などを使用する場合もあります。

ただし、これらの薬剤にはさまざまな副作用があります。主な副作用は、吐き気や嘔吐、便秘、眠気、ふらつき感、めまいなどで、薬剤の使用には注意が必要です。

薬剤にはこれらの副作用が伴い身体に負担がかかるため、胃腸薬も同時に処方される場合が多くあります。

筋肉の緊張を緩める筋弛緩剤(きんしかんざい)の副作用は、胃への負担やめまい、ふらつきなどがあります。

副作用がない薬は、神経組織の障害を回復させるビタミンB剤です。薬以外では、湿布や塗り薬などの外用薬を患部に使用します。

坐骨神経痛の治療には、梨状筋などに対してブロック注射などの局所麻酔をおこなう場合があります。

局所麻酔は、神経細胞にあるイオンチャンネルや神経伝達物質の受容体に作用して、痛みの伝達をブロックすることで痛みを和らげる効果があるといわれています。

ただし局所麻酔薬も吐き気や嘔吐、めまい、頭痛、眠気、胃のむかつき感などの副作用があり、薬剤の使用には注意が必要です。

海外では、鎮痛薬や抗うつ薬、抗てんかん薬などを使用しても効果が出ない場合に、局所麻酔薬を使用するようです。

他に、非オピオイド系で非シクロオキシゲナーゼ阻害剤系鎮痛剤の「ノイロトロピン(Neurotropin)」という「ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液(ワクシニアウイルスせっしゅかとえんしょうひふちゅうしゅつえき)」を使用する場合もあります。

この薬剤は、最初に「ワクシニア」というウイルスをウサギの皮膚に投与して炎症を起こします。

その後、その炎症部分から抽出(取り出した)した成分を分離や精製をおこない、薬剤化されたものです。

この薬剤の作用は「下行性疼痛抑制系」という痛みを感じにくくする経路を活性化して、鎮痛効果をえるものです。

この薬剤は、腰痛以外にも皮膚疾患や神経痛などにも使用されています。

ただし黄疸(おうだん)や肝機能障害、アナフィラキシー症状、ショックなどの重篤な副作用があり、この薬剤の使用には注意が必要です。

坐骨神経痛の薬剤による治療で、片頭痛薬として使用される「トリプタン系薬剤」が使用されることもあります。

トリプタン系薬剤は、セロトニン受容体に作用して、脳内の拡張した血管を収縮させて周囲の炎症を抑える薬剤ですが、坐骨神経痛にも使用されることがあるようです。

トリプタン系薬剤にも、めまいや眠気などの副作用があるため、薬の使用には注意が必要です。

あんしん療法による坐骨神経痛の見解と施術

前述したとおり、脊柱管狭窄症の主な症状は、腰やお尻の痛み、ふくらはぎ、スネ、甲、足指などの足の痛みやしびれです。

座骨神経痛がひどくなると間欠跛行の障害により、休みながらでないと歩けなくなるのが特徴です。

確かに坐骨神経痛の症状は、脊柱管の狭窄による神経圧迫が原因であるのはいうまでもありません。

しかし、坐骨神経痛の症状の原因がすべて脊柱管の狭窄による神経の圧迫にあるとは限りません。

もし、坐骨神経痛の原因が脊柱管の狭窄だけであるならば、脊柱管を広げる手術をおこなえば痛みやしびれなどの症状はすべて消失するはずです。

しかし、さまざまな西洋医学を主体とした薬物療法や手術などをおこなっても「痛みが全然変わらない」「逆にしびれがひどっくなった」といわれて、坐骨神経痛のさまざまな症状でお困りの患者さんがたくさんあんしん堂へ来院されます。

また、老化により脊柱管が狭くなるということも一理ありますが、全てではありません。なぜなら、お年を召した方でも健康な方はたくさんいらっしゃるからです。

坐骨神経痛の主な原因は、身体全体の歪みや椎間板の潰れ、これらの症状がひどくなるとヘルニアや脊柱管の狭窄が起こり、腰やお尻、足などに痛みやしびれなどの坐骨神経痛の症状が起こります。

そして、これらの状態を引き起こしている最大の原因は、身体の歪みを記憶して悪い症状に対して脳が身体を守るために患部を緊張させていることです。

これらの真の原因が改善しないかぎり痛みやしびれなどの症状は取れません。

これらの症状を改善するには、あんしん療法により「正しく身体の歪みがない状態や身体が緊張している必要がない状態を脳に記憶」させる必要があります。

脳が正しく正常な状態を再記憶(インプットさせる)すると、身体に歪みがないために身体の緊張が解かれるため神経を圧迫しません。

患部を緊張させておく必要がないため、脳は身体の緊張をさらに解いて瞬時に痛みは消失します。

あんしん療法は、正しい身体の状態を脳に記憶させて身体全体の連動性を取りもどす療法です。

腰椎だけでなく、身体全体に歪みや椎間板の潰れが生じると腰に負担がかかり、腰やお尻、足などに痛みが生じます。

腰に負担がかからないような動作を取り戻すために、正しい腰椎や骨盤の歪みのない状態や動きを脳に再認識させて記憶させます。

身体に歪みのない正しい状態を脳に記憶させることにより「身体全体の連動性を取り戻す」ことで、身体全体の動きがスムーズになり、坐骨神経痛の痛みが改善されるのです。

脳科学療法であるあんしん療法により、間違って記憶している脳の「内部表現変換」をおこない身体の連動性を取り戻して、腰やお尻、足などに痛みの再発しない動きを記憶させることが、身体を改善する大きなポイントになります。

あんしん療法による腰痛超速解消法

腰痛の原因は前述したように、脳が身体を守るために腰や腰周辺の筋肉を緊張させて、腰部周辺が疲労することで血行不良が起きたり神経を圧迫したりすることにより症状が生じます。

腰痛は、腰部を優しく触れたり撫でたりすることにより腰部周辺の筋肉の緊張が解消されます。その方法が脳科学療法であるあんしん療法の自己療法です。

ただし、今回紹介する「あんしん腰痛超速解消法」は、撫でたり優しく触れたりする方法ではありません。

優しく腰椎の椎間板を広げて腰の痛みやしびれなどの症状を緩和させる方法です。ただし、この自己療法は、決して無理をせずおこなうようにしてください。

また、患部を押したり叩いたりしないようにしましょう。身体は押したり叩いたりすると身体や脳は守りに入り、身体を緊張させて「揉み返し」がおこります。

腰痛解消法は、自己責任においておこなってください。

あんしん腰痛超速解消法1(あんしんのびのび腰体操)

あんしん腰伸ばし体操は、腰の椎間板の潰れにより腰に痛みが出ている場合におこなう体操です。

最初に仰向けになり、膝を立てた状態になります。次に、片足をお腹の前まで持っていき、片手の手のひらで膝を支えて保持します。

逆の足も同様に膝をお腹の前まで持っていき両足をお腹の前まで持ってきたら手の指を組みます。(どうしても指を組むことができない人はそのままで構いません)

その状態で、息を吐きながら膝頭を自分の方に引き寄せます。(必ず痛みのない状態でおこなってください 痛みが出る場合には中止してください)

次に息を吸いながら、元の位置に膝頭を戻します。同じ動作を8回行って下さい。自己療法が終わったら、静かに足を片足ずつ降ろし膝立の状態になります。

痛みの有無の確認をおこない、腰部に痛みが無ければ終わります。まだ痛みが有るようでしたら、自己療法を3回までおこなっても構いません。

あんしん腰痛超速解消法2(あんしんころころ腰体操)

あんしんころころ腰体操は、腰の椎間板の潰れにより腰部に痛みが出ている場合に、この体操をおこないます。

最初に仰向けになり、膝を立てた状態になります。次に、片足をお腹の前まで持っていき、片手の手のひらで膝を支えて保持します。

逆の足も同様に膝をお腹の前まで持っていき両足をお腹の前まで持ってきたら手の指を組みます。(どうしても指を組むことができない人はそのままで構いません)

その状態で、息を吐きながら膝頭を自分の方に引き寄せます。(必ず痛みのない状態でおこなってください 痛みが出る場合には中止してください)

その状態で、息を吐きながら膝頭を自分の方に引き寄せます。この状態になると、腰椎の椎間板が広がった状態になります。

この状態を保持しながら、左右に往復8回腰全体又は、身体全体をコロコロと動かします。自己療法が終わったら、静かに片足ずつ降ろして膝立の状態になります。

腰の痛みの有無の確認をおこない、腰部に痛みが無ければ自己療法を終わります。まだ痛みが有れば3回までおこなっても構いません。

まとめ

坐骨神経痛になると、常に腰やお尻、足などに痛みやしびれなどの症状が生じるため、仕事や勉強などに大きな支障を来します。

発症した坐骨神経痛は、何が原因で痛みが起こっているのかしっかり原因を究明して、適切な治療を受けることが重要です。

腰やお尻、足の痛みやしびれなどが気になってなかなか眠れなかった患者さんも、あんしん療法による施術を受けることにより「痛みが泣くよく眠れるようになりました」と喜んでいただいています。

坐骨神経痛は薬物療法や手術療法でも完全に改善されない方がとても多く、日々悩んでいらっしゃる人も多いといいます。

坐骨神経痛は、常に腰やお尻、足などに痛みやしびれなどの症状が起こるつらい疾患ですが、諦めないで少しでも痛みが解消される方法を探っていきましょう。

坐骨神経痛だけでなく他の疾患にもいえることですが、今までおこなわれている西洋医学(特に整形外科など)では常識だった「痛みの原因は骨の変形や神経圧迫などの肉体的なもの」という考え方から離れて考える必要があります。

もちろん、骨の変形や神経圧迫がさまざまな疾患に大きく関係していることはいうまでもありません。

ただし、それだけでは全てが解明できない疾患が世の中には多く存在します。

身体を改善する上で大切なことは、身体の痛みや不快な症状などは脳の間違った記憶から起こっているという事実であり、「脳の内部表現を変換」することが腰の痛みが改善するポイントになります。

それにより、今まで対応できなかったさまざまな身体の不快な症状にも改善がみられ、より多くの患者さんが楽になるのです。

あんしん療法では、ボキボキしたりグイグイ押したりするような強い施術はおこないません。

脳科学療法により身体に正しい動きを記憶させることにより、身体の連動性を取り戻して痛みの再発しない動きを記憶させることが可能になります。

あんしん療法では、神経過敏な患者さんでも脳や身体に対して「適切な働きかけ」をおこなうことにより、痛みをその場で改善します。

「あんしん堂」では、なるべく本人の早い改善を目指し、早期復帰できるようにアプローチさせていただきます。