受付時間
9:00~12:00
15:00~20:00

側湾症による背中の痛みなどの症状で来院 浜松市中区在住|林様49歳主婦

Q 本日は、どのような症状や痛みで来院されましたか?

首のこりや背中の痛み・脇の痛みで来院

A 施術を受けてのご感想をお聞かせください。

自分の背中のゆがみがひどい事がわかり、ショックでした。

すぐに痛みがやわらぎ、とても楽になりました。

毎日の生活習慣を見直して気を付けていこうと思いました。

当院からのコメント

林さんの背骨は一見してわからない感じでしたが、よくみてみると大きく背骨が歪んだ状態だったため、背中や脇に痛みが生じていました。

側湾症は原因不明で発症する突発性側湾や生まれつき背骨が曲がっている先天性側湾、他の病気に伴っておこる病原性側湾があります。

中には、思春期に起こる思春期突発性側湾もあり注意が必要です。

スポーツ選手にも側湾症の人がいて、数々のオリンピックで金メダルを取ったジャマイカのウサイン・ボルト選手も側湾症だといわれています。

一般的な側湾症の治療法では軽度の場合は様子見で、中度の場合は装具を身につける療法がおこなわれます。

重度の側湾症の治療は、側湾症による神経圧迫を取り除く「除圧術」や、骨や金属を用いて背骨を矯正する「固定術」などの手術療法をおこなう場合があります。

ところが、手術をおこなっても痛みがあるといって、多くの患者さんが来院します。

林さんの場合は中程度の側湾症で、装具を使用せずにいましたが、背中や脇に痛みがあり大変でした。

身体の歪みは脳が作り出しているため、脳にあんしんできる信号を送れば脳は歪んだ状態を解除するため神経を圧迫しなくなり、痛みや張りなどの症状が消失します。

普段の生活では、足組みや横座りなどの悪い姿勢をおこなわないようにしましょう。